C.海外パークの最近のブログ記事

ゴールデンウィークに3泊4日で滞在してきた
上海ディズニーリゾートについてのレポは、
今回で 最終回。書きたかった残りのことを
書いて、終わりにしようと思います。
DSC_4190(1)

トイ・ストーリーランド
昨年オープンした7つめのテーマランドです。
日本にはないので、オススメです。
(WDW、パリ、香港にもあります)

ソアリン・オーバー・ザ・ホライズン
世界中の名所の上空をひとっ飛びする
フライトシミュレーター型アトラクションです。
ディズニーカリフォルニアアドベンチャーと
WDWのエプコットとは ちょっと違っていて、
中国ならではのシーンもありました。
東京ディズニーシーには、7月23日に
ソアリン:ファンタスティック・フライトが
オープンしますね。
DSC_4208(1)


アリス・イン・ワンダーランドの迷路
興味はあったのですが、疲れそうなので、
見るだけにしました。
DSC_4188(1)DSC_4202(1)


キャンプ・ディスカバリー
大型アスレチックなのですが、なかなかハード
そうでした。なかなか前に進めないでいる子供を
下からハラハラして、見てました。
おもしろそうでしたが、これも疲れそうなので、
見るだけにしました。
DSC_4211(1)DSC_4212(1)


アトラクションでオススメなのは、カリブの
海賊です。1番新しいディズニーランドだけ
あって、日本のとは大違いで 進化していました。

最後に・・・
上海ディズニーランドは、オープンした頃から
マナーの悪さなどを聞いていましたが、それでも
上海ディズニーランドを直接見てみたいという
気持ちと、世界のすべてのディズニーリゾートを
制覇したい気持ちから、行ってきました。
結果、私は 行ってみてよかったです。
いろいろな意味で、楽しかったです。
ただし、TDRのような 居心地の良さを求める
方には、向いていないと思います。

ゴールデンウイークに3泊4日で遊びに行って
きた、上海ディズニーランドのアトラクションの
中で、オススメの1つが 「トロン・ライト
サイクル・パワーラン
」。
DSC_4111(1)DSC_4114(1)


場所は、トゥモローランド。
中国語では、上の写真の通り「明日世界」と
なるんですね。
DSC_4136(1)DSC_4138(1)

 

バイク型ローラーコースターで、時速約100km。
これは、世界のディズニーパークの中で、2番目に
速いです。(1番速いのは、WDWのエプコットに
あるテストトラック)。

絶叫マシーン好きなら、是非!
超楽しかったですよ。
DSC_4143(1)DSC_4145(1)


私が行った時は、3~4時間待ちでした。
混雑していたら、待ちたくない人は、
ファストパスかプレミアアクセス(有料
ファストパス)をゲットした方がいいかも
しれません。どちらも、混雑時は 朝1番に
なくなってしまうので、早めのインパが
いいです。

ゴールデンウイークに遊びに行った 上海ディズニー
ランドで、昼間やっていたプリンセスが 登場する
ショー「ゴールデン・フェアリーテイル・
ファンファーレ」の紹介です。
DSC_4093(1)DSC_4095(1)

 

開催場所は、エンチャンテッド・ストーリー
ブック・キャッスル前のステージ。
DSC_4097(1)DSC_4099(1)

アナやエルサ、アリエル、ジャスミン、
白雪姫、メリダなどが 登場します。
DSC_4100(1)DSC_4101(1)

 

エンディングは、ミッキー&ミニーも
登場しました。
DSC_4102(1)DSC_4105(1)

 

衣装が、ゴージャスでしたよ。
DSC_4106(1)DSC_4107(1)

ゴールデンウイークに遊びに行った 上海
ディズニーランドのデイパレード。
ミッキーのストーリーブック・エクスプレス。

DSC_4118(1)

 

たくさんのキャラクターに会えて、
楽しかったです。

DSC_4119(1)DSC_4121(1)



DSC_4122(1)DSC_4124(1)



DSC_4125(1)DSC_4128(1)


DSC_4133(1)DSC_4134(1)

ゴールデンウイークに、3泊4日で上海ディズニー
リゾートに滞在したのですが、パークの横の
ディズニータウンでも遊びました。
DSC_4325(1)DSC_4179(1)


入場料がいらない、アナハイムで言うところの
ダウンタウンディズニー、TDRのイクスピアリ
みたいな、ショッピングや買い物を楽しむ
場所です。
DSC_4178(1)


ディズニーグッズがそろっている、ワールド
ディズニー。
ダッフィー&フレンズも、たくさんありました。
DSC_4176(1)DSC_4175(1)



子供達が無料で遊べる所も、あります。
DSC_4319(1)DSC_4305(1)


一風堂で ランチを食べました。
たこ焼きやお好み焼き、麻婆豆腐なども
ありましたよ。
DSC_4322(1)DSC_4309(1)


宿泊した上海ディズニーランドホテルには、
この人工湖をホテルの無料フェリーで、
行き来 しました。

上海ディズニーランドで 、気に入ったお店の紹介。
ミッキー・アベニューにある ホイッスル・ストップ
ショップ
。 近くを通るたびに、中に入ってました(笑)。
DSC_4085(1)


ダッフィー&フレンズグッズが、そろっています。
DSC_4081(1)


DSC_4083(1)



大好きなジェラトーニのスマホケースと
ピンをゲットしました。
(マイクのキーチェーンは、別のお店で
買いました)。
DSC_4365(1)



ショッパーは、有料(1元)なので、1枚しか
ゲットしませんでした。
右下のような紙袋は無料で、細かいものを
買った 時に、まとめて入れてくれました。
DSC_4364(1)DSC_4363(1)

上海ディズニーランドホテルの ルミエール・
キッチン、部屋、ティンカーベルギフトに
ついては すでにお話したので、今回は それ
以外のことについて、紹介します。
DSC_4225(1)


ホテルの敷地は それほど広くないので、移動は
ラクでした。散策するのも、気持ち良かったです。
DSC_4227(1)DSC_4302(1)



左下:最上階(9階)のテラスから撮影。
人工湖の向こうに、パークが見えます。

右下:ロビー

DSC_4245(1)DSC_4239(1)


ロビーで、時々グーフィーとの グリーティングを
やっていました。誰も並んでいなかったので、
すぐに撮れました。というか、グーフィーの
方が ゲストを待っていました。

右下:廊下の柵も ミッキーシェイプです。
DSC_4242(1)DSC_4243(1)


宿泊者はパークまで、無料のシャトルバスか
フェリーで 移動できます。フェリーは バスより
本数が少ないし、朝早くや夜遅くは動いていま
せんが、すいているし 乗っている間も楽しめる
ので、私はフェリーの方が 好きでした。
DSC_4039(1)DSC_4180(1)

ゴールデンウィークに滞在してきた、上海ディズニー
ランドホテルにあるお土産屋さん、ティンカーベル
ギフト
の紹介です。

DSC_4230(1)DSC_4232(1)


ディズニーランド内のショップは、混んでいる
(特に午後になると大混雑でした)のですが、
ココはゆったり見ることができて、よかった
です。結構種類が、豊富でした。

DSC_4236(1)DSC_4231(1)


ダッフィー&フレンズグッズは、大きく
取り扱って いるように感じました。
右下の写真は、ホテルの通路にあった棚。
これを見ても、ダッフィー&フレンズに力を
入れているのが、わかりますよね。
DSC_4237(1)DSC_4301(1)


このショップで購入したもの
Tシャツは、1度洗濯してから撮影しています。
旅行中はいつも、買った服をすぐに着るので。
DSC_4357(1)DSC_4358(1) 

大好きなジェラトーニグッズは、ぬいぐるみSS、
キーホルダー、筆のマドラー付きのマグカップを
購入しました。日本のパークみたく ぬいぐるみ
バッジではなくて、キーホルダーでした。
そして キーホルダーの ジェラトーニは、
なんとひげがありません。
でも、とっても かわいいです。

DSC_4366(1)

ゴールデンウィークに、上海ディズニーランド
ホテルに、3泊してきました。
ディズニー直営ホテルです。
2月中旬の申し込みで、予約が取れました。
TDRのホテルだったら、かなり早くに予約
しないと、無理ですよね。

DSC_4360(1)DSC_4032(1)



ガーデンビューの部屋で、十分な広さが
ありました。
DSC_4035(1)DSC_4036(1)

アメニティーグッズも、そろっています。
客室を清掃するスタッフさんが、洗面所の
コップは 持って帰ってはいけない、テレビの
下の引き出しにあるコップは、持って帰って
いいと言っていました。
バスルームのカーテンも、ミッキーでした。
DSC_4037(1)DSC_4038(1)

毎日、部屋と洗面所に計6本の お水のペット
ボトルが置いてあったのが、うれしかったです。
うがいや歯磨きも、ペットボトルの水を
使いました。

DSC_4295(1)


ベッドのサイドテーブル(上の写真)の
左上のボタンを押してみると・・・
ベッドのヘッドボードや鏡が、光りました。
キャッスルの花火が見たくて、何度も
ボタンを押してしまいました(笑)。
DSC_4300(1)DSC_4297(1)

先週 上海ディズニーランドホテルに滞在中、
ディナータイムにキャラクターダイニングの
ルミエール・キッチンに、行ってきました。
DSC_4246(1)DSC_4247(1)


「美女と野獣」をテーマにした ビュッフェ
レストランです。
DSC_4252(1)DSC_4251(1)


種類豊富なケーキが、かわいいだけではなく、
とてもおいしかったです。
日本人に合う甘さだと思いました。
DSC_4263(1)DSC_4253(1)

料理もなかなか豪華でした。
DSC_4256(1)DSC_4262(1)


キャラクターは、ミニー、ミッキー、プルート。
サインも、もらえました。
DSC_4268(1)DSC_4275(1)

1人388元、ドリンクは別料金、プラス
サービス料15%と 値段は高いですが、
大満足のキャラダイでした。
パークのレストランはどこも混雑して
いましたが、ココはゆったりできました。

DSC_4277(1)DSC_4282(1)

ゴールデンウィークに訪問した 上海ディズニー
ランド。イースターのキャラクターエッグが、
とってもかわいかったです。

DSC_4054(1)

DSC_4215(1)

DSC_4051(1)DSC_4090(1)


DSC_4091(1)

ジェラトーニ&ステラ・ルーと、ダッフィー
&シェリーメイのエッグは、 ディズニータウンに
ありました。
DSC_4177(1)DSC_4321(1)

ゴールデンウィークに訪問した 上海ディズニー
ランドのレポ3回目は、ジェラトーニの
グリーティングについてです。
グリーティング場所は、ミッキーアベニュー。
下の写真は、ジェラトーニとステラ・ルーが
やって来るところです。
DSC_4067(1)DSC_4069(1)

 

9:10頃に並び始めたところ、1度 ジェラトーニ
達は休憩に入ってしまったのですが、数分で
戻ってきて、30分弱並んだところで、番に
なりました。写真は、何枚も撮らせてもらえました。
DSC_4071(1)


大好きなジェラトーニとのツーショットも
撮りたかったのですが、ジェラトーニ&
ステラ・ルーと一緒に撮ることになっています。
DSC_4074(1)DSC_4075(1)



サインをお願いしたところ、喜んでくれました。
書いている姿が、かわいかったです。
DSC_4079(1)DSC_4080(1)



左下はジェラトーニの、右下はステラ・ルーの
サインです。サインも とてもかわいいです。
DSC_4371(1)DSC_4372(1)


ジェラトーニとのグリーティングは、上海
ディズニーランド訪問の目的の1つだったので、
うれしかったです。

上海ディズニーリゾートレポの2回目は、
お城についてです。
エンチャンテッド・ストーリーブック・
キャッスルという名前で、全てのディズニー
プリンセスのお城というコンセプトです。
DSC_4053(1)

高さは60mで、ディズニーのお城の中で
1番高いです。
DSC_4101(1)DSC_4062(1)

下の写真のように 中も素敵なので、入るのを
オススメします。
絵画があり、とてもキレイです。
右下は、ラプンツェルの絵画です。
ワンスアポンアタイムアドベンチャーという
白雪姫の世界のウォークスルー型の
アトラクションもあります。
DSC_4109(1)DSC_4110(1)

夜は、イグナイト・ザ・ドリームという
プロジェクションマッピング、花火、噴水の
コラボショーがあります。
パーク内では混雑していて、よく見えません
でした。下の写真は宿泊した上海ディズニー
ランドホテルの最上階(9階)のテラスから
撮ったものです。
DSC_4291(1)


ディズニーで1番の大きさのお城は、素敵でした。

3泊4日の上海ディズニーリゾート旅行から、
昨夜帰国しました。何度かにわたって、レポを
書くつもりですが、まずは これから行く人が
知りたいかもしれないことから、お話します

下の写真は、上海ディズニーランド入口の
ミニーマウスの花壇。

DSC_4221(1)


旅行を計画して 心配になったことの1つが、
浦東国際空港と上海ディズニーランドホテル
間の移動でした。空港のタクシー乗り場で
ECOBUSのスタッフさんに話しかけられ、
行きは240元、帰りは200元で 乗せて
もらうことになりました。1度に往復分
支払ったので、帰りにホテルに迎えに来て
くれなかったらどうしようかちょっと心配に
なりましたが、結果、何も問題なかったです。
片道、30分弱でした。

次に、パークチケット購入についてです。
直営ホテルなので、購入できると 思って
いたのですが、パークでしか買えません
でした。初日は1日券、翌日に2日券を
買いました。
(※後日追記
ホテルでもらってきた案内の、英語版を
読んだところ、翌日のチケットは買える
ようです。スタッフさんは英語が得意
ではないようだったので「当日のは
買えないけれど、翌日のは買える」と
言えなかったのでしょうね。
ホテルで買えば、翌日のファストパスを
1つ とれたようなので、案内をよく読めば
よかったと、今更後悔・・・

ファストパスについて。
当日 パーク内に入ってからでないと、ゲット
できませんでした。アプリで 取るのですが、
中国の祝日ということもあり混雑していて、
朝1番に入園しないと、取れない状態でした。
プレミアアクセス(有料ファストパス)も、
当日 インパークしてからでないと、ゲット
できず、そして朝1番に 売切れました。
出発前に7枚セットや5枚セットがあると
いう情報を見ましたが、8枚セット、6枚
セット、3枚セット、単品という形での
販売でした。価格は日によって違います。
例えば ソアリン単品は、5月1日は
150元でしたが、2日は180元でした。
トロン、カリブの海賊、ソアリンの3種類を
単品で買いました。セットの方が割安の
ため、早くに売切れてしまうようです。
システムがよく変わるのかもしれないので、
参考程度にして下さいね。

アプリをスマホに入れる時ですが、アカウントを
登録するのが、ちょっとわかりにくいかも
しれません。最初に国を選択するのですが、
携帯の電話番号を入れる際に、86という
中国の国番号が表示されているので、そこを
81という日本の国番号に替えないと、アカ
ウント登録用パスワードが送られてきません。

英語が通じるか心配だったのですが、パークの
キャストさんは 簡単な英単語すら通じない
人が多かったです。ホテルのフロントの人は、
通じます。

パーク内でのマナーは、思っていたのより
悪かったです。草むらで子供におしっこを
させていたり、歩きタバコ、割り込み、
大量のミッキーキーホルダーを販売して
いたおじさんには、驚きました。

とりあえず、行く前に自分が心配だったり
知りたかったことを書きました。
少しでも参考になったら、うれしいです。
また少しずつ、アップしていきます♬

WDW旅行について レポを書いてきましたが、
今回が最終回になります。
WDWに着いた翌日、普通では 体験できないような
ことがあったので、最後に 書いておこうと思います。

ディズニー・アニマル・キングダムで、「フェスティバル・
オブ・ザ・ライオンキング」を観ていた時のことです。
脳貧血になってしまい、気付いたら、車椅子に
乗せられていました。
昼の12時半頃だったので、日本では夜中1時半頃。
具合悪くなる前に、眠気が おそってきていたし、
時差ボケが、原因だったのでは?と思います。
車椅子の上で 目が覚めていくと、夫が 救護室の人や
キャストさん達と英語で 話している声が聞こえてきて、
自分が置かれている状況が、わかってきました。
目を開けると 目の前に救急車が 来ていて、ビックリ!
血圧や心拍数を測られ、多分心電図も?そして 指から
血もとられました。その時「何でもない、大丈夫」と
言っている声が聞こえ、一安心。
しかし、救急車で病院に行くように言われ、あせって、
「もう治ったし、私は健康です。たまたま時差ボケで
具合悪くなっただけ・・・」と 必死に説明しました。
救護室の人に聞いたところ、各テーマパークごとに、
救急車が待機しているそうです。
さすが、安全第一のディズニー。
本当に大丈夫なのか?など 何度もやり取りをして、
「私は病院に行きません」というサインを書かされ、
病院行きを、免れました。
そして、「ココは暑いから水をたくさん飲むように!」と
冷たい水のペットボトルと、「今度具合悪くなったら
これを使って寝るといいよ」と 冗談ぽく言いながら、
シンバのクッションをくれました。

DSC_0218(1)

 

値札が付いていたので、そばにあった ショップから、
持ってきてくれたのかな?と思います。
ちなみに、私が車椅子で運ばれた場所は、外だけれど
ゲストが 通らないような場所でした(具合悪かったので
確かではありませんが、そうだと思います)。
午後1時ちょっと前に、「1時にタスカー・ハウス・
レストランの予約をしている」と言うと、「すぐ近くだから
案内してあげる」と 連れていってくれて・・・
すぐに回復して、たくさん食べて こんな風に楽しく
過ごし、その後 絶叫マシーンにも乗りました。
迷惑をかけてしまったのに、救護室の人もキャストさんも
(全部で5,6人は いたと思います)みんな優しくて、
やはり ディズニーはすごいなぁ・・・と思った
出来事でした。

WDW旅行は本当に とっても楽しかったです。
またいつか、行きたいなと思います。

WDWその16 ガイドマップ

| コメント(2)

WDWでは、TDR同様 入口で、ガイドマップを
もらえます。マジックキングダム、エプコット、
ハリウッドスタジオ、アニマルキングダムの
4大テーマパークには、日本語のガイドマップも
あります。
うっかり ハリウッドスタジオでは、もらってくるのを
忘れてしまいましたが・・・(^_^;)
ウォーターパークは、ブリザードビーチと
タイフーンラグーンが 、同じ1つのガイドマップで
できています。
DSC_5392(1)

 

日本語訳は、ちょっと笑っちゃうような言葉使い
の部分もあります。

例えば・・・
「ガーデンパスポートを持って、フェスティバルでの
あなたの 日を計画しましょう。

「ガーデン   創造的なガーデンのスペースと
野生生物の 生息地」

DSC_5394(1)


「フェスティバル限定商品    楽しいフェスティバルの
コレクションから記念品を買います」
などです (≧▽≦)

自動翻訳を 使っているのでしょうかね?

WDWその15お祝い缶バッジ

| コメント(2)

今回のWDW旅行は、結婚記念日のお祝いだったの
ですが、ホテル(アニマルキングダムロッジ)の
フロントデスクで お祝いの缶バッジを もらいました。

お祝い缶バッジを付けているゲストを たくさん
見かけましたが、誕生日、初訪問、新婚旅行
など いろいろな種類があります。

直営リゾートのフロントデスクや パークのゲスト
リレーションで、もらえます。

これを付けていると、キャストさんや ゲストさんから
声をかけてもらえることが多く、そこから会話が
始まり、楽しいです。

DSC_4311(1)



以前、アウラニ・ディズニー・リゾート滞在中に
誕生日を迎えた時は、こういうプレゼント
もらったことがあります。
アウラニ初訪問の時は、誕生日翌日に 着いたのですが、
同様にこういうプレゼントを もらいました。

ディズニーのおもてなしは、ホント素晴らしいです。

WDWには、ウォーターパークが2つあります。
ディズニー・ブリザード・ビーチは その11で
紹介したので、今回はディズニー・タイフーン・
ラグーン
について。
DSC_4689(1)DSC_4672(1)


南太平洋の島が台風に襲われたという
コンセプトのウォーターパークです。
そのため、難破船や傾いた建物など 台風の被害に
あったようなものが、あちこちにあります。
DSC_4680(1)DSC_4682(1)

 

キャスタウェイ・クリーク(流れるプール)。
のんびり楽しめます。
DSC_4675(1)DSC_4677(1)

 

ココの目玉は、世界最大の人工波が押し寄せる
サーフプールだと思います。
ブォーンという合図で 90秒おきに、2mの
大波が やってきます。
最初大波がやってきた時、正直ビビりました(笑)。

DSC_4688(1)


頑張らないと、おぼれます。(浮き輪禁止)
浅いところにいたとしても、押し流される・・・
というか 吹っ飛ばされます。
波の衝撃、半端ないです。
日本だったら、あり得ないです。
他のゲストと、ぶつからないように気を付けるのに
必死でした。

開園前は、ココでサーフレッスンを開催しています。
DSC_4673(1)

 

ロングコースの急流を下る最新アトラクション
ミス・アドベンチャー・フォールが、
楽しかったです。
上まで運んでくれるので、ラクです(左下)。

クラッシュン・ガッシャーは、チューブを使って
楽しみます(右下)。
ジェットコースターのように、アップダウンする
珍しいウォータースライダーです。

DSC_4684(1)DSC_4683(1)


他にも、いろいろ楽しいウォータースライダーが
ありました。

以前あった サメと泳げるシャーク・リーフは
なくなっていました。

南国ムードたっぷりで、日本と比べ 過激に
遊べる、かなり楽しいプールでした。

ディズニー・スプリングスでは、ショップ、レストラン、
エンターテイメントを楽しめます。
(以前は、ダウンタウン・ディズニーという名称)。
大規模な拡張リニューアルをして、2015年秋に
ディズニー・スプリングスと 名前が変わりました。
ショップや施設の数は、170以上にもなります。

DSC_4549(1)DSC_4551(1)


アール・オブ・サンドウィッチというファストフード店が
おいしいと聞き、食べに行ったところ、本当にとっても
おいしくてビックリ!&感激。
宿泊してた アニマルキングダム・ロッジからは ちょっと
遠いのですが(バスで30分位)、リピートして
しまいました。
DSC_4649(1)



大好きなギラデリ・チョコレート店があったので、
休憩に入りました。
チョコレートドリンクが、とてもおいしかったです。
1番小さいサイズでも、かなり大きかったです。
おみやげに、たくさんチョコレートを買ってきました。

DSC_4652(1)DSC_4654(1)

 

世界最大のディズニーショップである
ワールド・オブ・ディズニーへ。
各パークのおもなグッズは、ここにそろっています。
一部工事中だったのですが、それでもかなりの広さがあり、
全部見るには 時間がかかりました。
グッズは、東京ディズニーリゾートの方が、欲しいと
思うものは ずっと多いと思いました。
それでも、ディズニーファンなら、かなり楽しめます。

DSC_4650(1)

ディズニー・ハリウッド・スタジオは、映画や
テレビをテーマとしたパークです。


スター・ウォーズの世界を堪能できるスポット
スター・ウォーズ・ローンチ・ベイで、
カイロレンと グリーティングしました。
サインをお願いしたら、人差し指を左右に
動かしながらモゴモゴした声で、「ノー」と
怒られてしまいました(笑)。
DSC_4578(1)DSC_4584(1)



BB-8とも、グリーティング。
かわいかったです。

ショーを観に行こうとしていた時、スター・
ウォーズのキャラクター達が、ステージに
向かって 歩いてきました。
DSC_4589(1)DSC_4595(1)

ストームトルーパー、カイロレン、
チューバッカ、レイ。
みんな普通に歩いていて、おもしろかったです。
DSC_4597(1)DSC_4598(1)

ギャラクシー・ファー・ファー・アウェイ。
スターウォーズのショーを楽しめます。
DSC_4606(1)

 

セレブリティー・スポットライトで、オラフと
グリーティングしました。
オラフはサインはできないのですが、キャストさんが
右下のようなオラフが描かれたものをくれました。
DSC_4615(1)DSC_4703(1)



ここハリウッド・スタジオで 1番待ち時間が
長いアトラクションはトイストーリーマニアですが、
WDW全テーマ パークの中でも、1番長いようです。

WDWには、ウォーターパークが2つあります。
今回はディズニー・ブリザード・ビーチの紹介ウインク

フロリダが突然猛吹雪に見舞われ、雪解け水が
あふれてビーチができたというコンセプトの
ウォーターパークです。

DSC_4571(1)DSC_4555(1)

 

メルタウェイ・ベイ(下の大きなプール)や
クロスカントリー・クリーク(流れるプール)で、
のんびり泳ぐのも楽しいけれど・・・
DSC_4560(1)DSC_4570(1)

 

ウォータースライダーが、超楽しいです。

場所的に写真が撮りにくく、ちょっとしか
撮れなかったのですが・・・

↓トボガン・レーサー↓
マットに寝そべり、キャストの合図で 8人が一斉に
滑り出し、スピードを競い合います。
仲間で競争できるので、私達は2人だけで
競争しました。

DSC_4565(1)


サミット・プラメット↓
時速100kmで急降下する、世界最速ウォーター
スライダー。以前訪問した時もやっているので、
2度目の挑戦。
自分のタイミングで、滑り始めます。
DSC_4567(1)DSC_4564(1)

 

体が浮くというより、落ちていく~という感覚でした。
ウォータースライダーは、ほとんど 全部やりました。
階段を使わないでも、チェアリフトで 上まで
行ける場所もあります。

DSC_4558(1)DSC_4562(1)


この日は プールに入るには、ちょっと気温が低め
だったせいか(?)、すいていて 待たずにどんどん
滑れました。
日本人は4大テーマパークに行く人ばかりなようで、
私達以外 日本人は 数人しか 見かけませんでした。

もう1つのウォーターパークのタイフーン・
ラグーンについては、また後日 紹介します。

WDWその10エプコット日本館

| コメント(2)

エプコットのワールドショーケースには、
カナダ館やフランス館、イタリア館など
11カ国の代表的建築物が再現されています。

DSC_4513(1)DSC_4514(1)

 

その中でも私が1番好きなのは、日本館。
アメリカ人にとっての日本って、こういう
イメージなんだ・・・と、おもしろいからです。

ホンモノの厳島神社は見たことないけれど、
よく できていますよね
DSC_4515(1)DSC_4518(1)

 

今回4度目の訪問でしたが、いつも
クイックサービスレストランの桂グリルで
肉うどんを食べます。
日本の味に、ホッとします。
みんながんばって、お箸で食べていましたよ。
DSC_4516(1)DSC_4519(1)

 

ショップでは、日本のお菓子が大人気みたいでした。
DSC_4520(1)DSC_4522(1)

 

日本の「かわいい」について展示している
部屋もありました。
ゆるキャラコーナーには、残念ながら茅ヶ崎の
えぼし麻呂は いませんでした。

太鼓を叩いたり、ショーを見せてくれる時間も
あります。
DSC_4524(1)DSC_4526(1)

 

日本館は、大人気でしたスマイル

14年前にWDWに行った時、エプコットで
リーブ・ア・レガシー(Leave a legacy )
参加しました。

DSC_4484(1)



スペース・シップ・アースというエプコットのシンボルの
球体の前に 石碑のような展示物がいくつも並んでいます。
ゲストの顔や名前を 小さな金属タイルに刻み込んで
未来に残すというものなんです。

DSC_4485(1)

14年前、私達の顔は「East3-C-13-6-15」という場所に
はめこまれるというお知らせを、郵便で受け取りました。
「今度WDWに行ったら、絶対に見なくちゃ!」と
ず~っと思っていました。

今回のWDW旅行で、エプコットに訪問した先月30日に、
まず これのチェックをしました。

DSC_4486(1)


ありました~。
上の写真の中央です。
見つけた時は、感激しちゃいましたスマイル

ウォルトが夢見た実験型未来都市のテーマパーク
エプコット。
テクノロジーを体験するフューチャー・ワールドと
世界の文化や伝統に触れられるワールド・
ショーケースが あります。

DSC_4480(1)DSC_4489(1)



春恒例の「インターナショナル・フラワー&ガーデン・
フェスティバル」が、開催されていました。
DSC_4502(1)DSC_4505(1)



ディズニーキャラクターのトピアリーが、
どれもステキでした。かわいいLOVE

DSC_4528(1)DSC_4530(1)

 

全部で100以上のトピアリーがあるとか?
とても 楽しめました(*^o^*)
DSC_4535(1)DSC_4543(1)

WDWその7マジックキングダム

| コメント(2)

タウンスクエア・シアターと、ビー・アワ・ゲスト・
レストランについては 別途レポしましたが、今回は
それ以外の マジックキングダムで レポしたいことに
ついて、まとめて書きます。

左下:前回レポしたビー・アワ・ゲスト・
レストランのビーストのお城。

右下:ガストンズ・タバーン。
ガストンの酒場を再現したレストラン。
DSC_4411(1)DSC_4413(1)



プリンセス・フェアリー・テール・ホール。
プリンセスに会えるグリーティング施設。
プリンセスごとに、スタンバイの場所が
変わります。
DSC_4419(1)


シンデレラとだけ会いたかったのですが、もれなく
エレナも付いてきます(*^^*) 。
DSC_4423(1)DSC_4429(1)


それぞれサインもしてくれました。
DSC_4709(1)DSC_4710(1)



七人のこびとのマイントレイン。
ジェットコースター系スリルライドです。
とてもおもしろかったです。
ファストパスプラスをゲットして、正解でした。
マジックキングダムの1番人気アトラクションでした。
DSC_4410(1)

ここは休憩エリアなのですが、ラプンツェルの
世界が再現されていて、ワクワクしました。
下は、トイレと 充電用コンセントです。
DSC_4438(1)DSC_4432(1) 


シンデレラ城&パートナーズ像。
1番の記念撮影ポイントですよね。
DSC_4441(1)

WDW滞在中、マジックキングダムの人気レストラン
Be Our Guest Restaurant(ビー・アワ・ゲスト・
レストラン)で、朝食を食べてきました。

DSC_4392(1)DSC_4393(1)


場所は、ファンタジーランド。
上の写真のように そびえ立っているビーストの
お城が、レストランになっています。

DSC_4409(1)DSC_4408(1)

 

ダイニングルームは、「美女と野獣」の世界を再現して
います。1番気に入ったのは、ボールルーム。
とてもキレイでした。
DSC_4397(1)DSC_4399(1)


人気があるので、予約したほうがいいです。
朝食と昼食は、タッチパネルでメニューをオーダーします。
ビーストは、ディナータイムのみ、やってきます。

DSC_4405(1)DSC_4407(1)

クロックマダムを 食べました。
とてもおいしかったです。
DSC_4394(1)

WDW滞在中の4月29日に、マジックキングダムへ。
メインストリートUSAのタウンスクエア・シアターで
ミッキーマウスと グリーティングしてきました。
ここは 世界で唯一、ゲストがミッキーとトーク
できるんです。

DSC_4450(1)

 

瞬きもするし、口も動きます。
かわいかったです~LOVE
DSC_4454(1)

 

最初英語で話していたのですが、途中でミッキーが
「pictureわかる、写真、写真お願いします」と
日本語で 話してきてビックリ!
最後に「さよなら」と言っていました。
DSC_4455(1)


すっごく楽しかったし、ミッキーと話せて
うれしかったの ですが・・・
5月11日までで、ミッキーが話さなくなるという
ニュースを 聞いています。
って、きょうではないですかぁ?

According to sources responsible for the offering,
the talking Mickey Mouse meet and greet in Town Square
Theater at the Magic Kingdom will indeed be silenced
on May 12th, 2018. This change was rumored a few weeks back,
but is now seemingly confirmed.


事実かどうか今のところ知りませんが、
本当だったら 残念です・・・

DSC_4457(1)

WDWに着いた翌日(4月28日)に、アニマルキングダムの
タスカー・ハウス・レストランでランチを食べたことは
前回の記事に書きましたが、今回は、そこで撮った
キャラクターとの写真と、サインを紹介します。
ここはドナルドがメインのキャラクターダイニングで、
サファリスタイルの4人の仲間と会えます。

まず、ミッキーマウスが 会いに来てくれました。
IMG_0138(1)DSC_4704(1)

 

次にデイジーダック。サインもかわいいです。
DSC_4339(1)DSC_4705(1)

 

ドナルドダックの衣装、かわいい。
DSC_4344(1)DSC_4706(1)



グーフィーはいつ会っても、かっこいいです。
DSC_4347(1)DSC_4707(1)



ホテルでもらった 結婚記念日祝いの缶バッジを付けていた
ところ、キャストさんが 4人のサインが 書かれたカードを
プレゼントしてくれました。誕生日用のカードなのですが、
2枚も くれて、うれしかったです。
2枚とも サインの仕方が ちょっとずつ違うので、
手書きだということがわかりました。
ディズニーのおもてなしは、素晴らしいですよね。
DSC_4702(1)

WDWその3アニマルキングダム

| コメント(2)

20周年のディズニー・アニマル・キングダムへは、
WDW到着日の翌日4月28日と、5月1日の2度、
行ってきました。

アニマルキングダムのシンボル
ツリー・オブ・ライフ
DSC_4314(1)

1年前にオープンした新テーマランド「パンドラ:
ザ・ワールド・オブ・アバター」が、1番混雑して
いました。映画から数年後のパンドラがテーマに
なっているこのエリア。散策しているだけでも
映画の世界に入り込んだように感じられ、すごく
楽しいです。シンボル的な巨大な岩は、本当に
すごくよくできていて、全然見飽きませんでした。
アトラクションの「アバター・フライト・オブ・
パッセージ」と「ナヴィ・リバー・ジャーニー」は、
待ちたくない人は、ファストパス・プラスを
取ったほうがいいです。
特に「フライト・・・」の方は1番人気で、スタンバイ
だと「120分待ち」でした。ただ残念なのは、
並ばないと、途中 見られないアバターの世界も
あるんですよね。気を付けたいのは、この2つは
同時にファストパスプラスを取得できません。
私は、最初の訪問の時に「アバター・フライト・オブ・
パッセージ」を、2度目の時に「ナヴィ・リバー・
ジャーニー」を、ファストパスプラス利用で
乗りました。
DSC_4317(1)DSC_4366(1)

 

エクスペディション・エベレストも、人気ジェット
コースターなので、ファストパス利用で、乗りました。

DSC_4354(1)

前回のWDW旅行では、休止期間中で乗れなかった
ダイナソー。これもファストパスプラスをゲット
して、乗りました。
DSC_4356(1)

 

ランチは、タスカー・ハウス・レストランで。
アフリカ料理のビュッフェで、キャラクター
ダイニングのお店です。
WDWの食事レベルは全般的に、以前よりおいしく
なってると感じました。
キャラクターと撮った写真は、後日紹介しますね。
DSC_4639(1)DSC_4336(1)

 

私の1番のオススメは、キリマンジャロ・サファリ。
サファリトラックで 約20分間、動物達を見て
まわります。これは、ホント楽しいです。
DSC_4627(1)DSC_4634(1)

前回は、アニマルキングダムロッジの部屋から見える
動物についてレポしましたが、今回は それ以外の
ことを 書こうと思います。

アフリカっぽい雰囲気のフロント
DSC_4462(1)

 

クイーンサイズベッド2台の部屋
DSC_4292(1)DSC_4294(1)

 

洗面所の壁も、アフリカっぽいイラストでした。
ヨーダの形になったタオルが、かかっている時が
ありました。ディズニーのおもてなしですね。
シャワーは、天井についた シーリングシャワーのみ。
DSC_4293(1)DSC_4573(1)


Zawadi Marketplace(お土産屋)には、アフリカの
手作りの工芸品が たくさんありました。
2枚目の写真の キリンを 買ってきました。
お手頃価格の割に よくできていて、お気に入りに
なりました。
DSC_4308(1)DSC_4728(1)


Bomaは ビュッフェレストランで、アフリカの
料理を 楽しめます。
シンバのワッフルも、ありました。
DSC_4669(1)DSC_4667(1)

 

出発前に ネットスーパーについて書きましたが、
オーダーしたものは、写真の通り。
きちんとすべてホテルに、届けられていました。
DSC_4295(1)


ホテルは、全体的に 快適でした爆笑

フロリダの、ウォルト・ディズニー・ワールド・
リゾート
(以下WDW)に、遊びに行ってきました。
7泊して、一昨日の夜、帰国しました。
DSC_4285(1)DSC_4299(1)


WDWに行ったのは、14年ぶり4度目です。
あまりの遠さに、3度目と4度目の間が
かなりあいてしまいました。
茅ヶ崎の我が家からホテルまでは、行きは24時間、
帰りは26時間半かかりました。遠過ぎ~。
DSC_4301(1)DSC_4374(1)

 

今回宿泊したホテルは、ディズニー直営の
アニマルキングダムロッジ
以前から、泊まってみたかったホテルです。
値段は上がりますが、サバンナビューの部屋にしました。
DSC_4376(1)DSC_4377(1)


部屋から キリンなどサバンナの動物が見え、
すっごく良かったです。
部屋にいるだけで、ワクワクしました。
DSC_4666(1)

ホテル内には、動物達を見られるビューポイントが
いくつかあるのですが、最後の写真のように、ベランダで
動物達を見ながら食事するのが 大変楽しかったので、
サバンナビューにしてよかったと、すごく思いました。
DSC_4475(1)DSC_4465(1)

WDW ネットスーパー

| コメント(2)

近々、ウォルト・ディズニー・ワールド
(以下WDW)旅行の予定があります。
Garden Grocerというネットスーパーが便利だと
聞き、登録&注文しました。
WDWエリアのホテルに、食料品や飲み物、
雑貨などを届けてくれるのです。
ペットボトルのお水は、パークで買う
10分の1の値段だそうです。
注文できるのは 合計$40以上です。
届けてくれる日時を指定できるので、チェックイン
前の時間帯を、指定しました。
オーダーしたのは、
ペットボトルの水(約500ml)32本パック
ハイネケンビール缶 12本パック
その他、ヨーグルトやジュース、パン、
バナナです。
毎日キャラクターブレックファーストを
するわけではないので、朝食を軽く済ませたい
時用に、注文しておきました。
暑いWDWでは、お水もたくさん必要だと
思うので、安く手に入り、よかったです。
送料$14と、チップを入れて、計$80を
クレジットカードで支払いました。
物価が高いWDW内での買い物を考えれば、
かなりお得だと思います。

ピクシープラン・プラス

| コメント(2)

ウォルト・ディズニー・ワールド(以下WDW)
旅行の予定があるのですが、ホテルは
ミッキーネットで申し込みました。
ミッキーネットのHPは、このブログの右側にある
アイコンをクリックして下さい。

パック旅行を申し込むのと比べて、フライトと
ホテルを それぞれ自分で取ったほうが
数十万円安くなりました。
(時期や旅行先によるかもしれませんが・・・)

DSC_3470(1)

 

個人旅行は不安もあるかと思いますが、ミッキーネットで
WDW直営ホテルを申し込むと、プラス50ドルで
ピクシープラン・プラスを付けることができます。
私は、付けました。

ピクシープランの特典は、以下の通り。

1.ディズニー直営のリゾートの予約の
      キャンセル料や変更料が3日前まで不要

2.理由に関わらず 滞在の3日前まで
       リゾート滞在費全額返金

3.180日前にWDW内レストランを 宿泊日数分、
       宿泊日数にかかわりなく予約開始

4.マイ・ディズニー・エキスペリアンスのサポート

5.メモリーメーカーに関するオーダーなどのサポート

DSC_3471(1)


4番目のマイ・ディズニー・エキスペリアンスとは、
アトラクションのファストパスを事前ゲットしたり
(WDWは60日前からゲットできる)、ダイニングを
予約したりするのに使うウェブサービスのことです。
登録や予約等わからない時、ミッキーネットが 質問等を
電話越しにサポートしてくれます。
英語が不安な方は、安心できると思います。

写真は、最近届いた ピクシープランの特典ギフトです。
WDW旅行が、ますます楽しみになってきました♬

先月、アメリカ旅行中に ダウンタウン・ディズニーに行ってきたことは、この記事
書きましたが、今回は、そこで買ってきたものを紹介します(^◇^)

ピン・トレーダーズで買った ピンブック。
ピン収集に必要なのですが、東京ディズニーリゾートでは 売っていないんです。
(TDRのキャストさんが、そう言っていました)。
以前買ったものは ピンでいっぱいになってしまったので、購入しました。

DSC_4916(1)DSC_4917(1)


ピンは下記の2つをゲット。
ヨーダスティッチと 60周年のセレブレーションのピンです。

DSC_4915(1)


オラフのスウェットシャツ。
オラフが大好きなので・・・(*^^*)

DSC_4922(1)


60周年セレブレーションのTシャツ。
裏に アトラクションがオープンした年が書いてあり、ディズニーランドの歴史がわかります。

DSC_4924(1)DSC_4926(1)


スウェットシャツもTシャツも、Sサイズを買ったのに かなり大きいことに
帰宅後気付いて・・・ (^_^;)
気にしないで、着ることにしますスマイル

ダウンタウン・ディズニー

| コメント(2)

アメリカ旅行中の今月15日に、アナハイムのパークの外にある ダウンタウン・ディズニー
行ってきました。 2001年、カリフォルニア・アドベンチャー・パークのオープンと同時にできた
ショップやレストランがたくさんあるエリアで、日本のイクスピアリみたいなところです。


DSC_4603(1)DSC_4633(1)


下の写真2枚目のように、レゴ・ストアもあります。
ディズニーキャラクターのレゴグッズがあって、大人も欲しくなります。

DSC_4635(1)DSC_4632(1)



私のお目当てのお店は、下の ピン・トレーダーズ。
ピンが たくさん揃っていて、ピンコレクターには たまりません(^O^)
ゲットしてきたピンは、また後日のレポで紹介しますね。

DSC_4629(1)DSC_4638(1)



あらゆるパークグッズを販売しているのが、ワールド・オブ・ディズニー。
巨大な売り場で、お菓子、服、ぬいぐるみ、食器、バッグ、その他いろいろなパークグッズを
買えます。スターウォーズグッズが、人気のようでした。
日本で人気のダッフィーとシェリーメイも、少しだけありました。

DSC_4639(1)DSC_4642(1)



ランチは、レインフォレストで。
食事時は、どこのお店も混み合っているので、ピーク時をさけるか あるいは 予約してから
買い物を楽しむと いいかもしれません。

DSC_4616(1)DSC_4622(1)

今月初めに遊びに行ってきた 香港ディズニーランドについての記事を書いてきましたが、
今回は ゲットしてきた おみやげに ついてです (^O^)

Tシャツは・・・現地ですぐに着たので、写真を撮ったのは 洗濯後です(笑)。

ぬいぐるみは、グリズリー・ガルチでゲットしたミッキーマウスと、ミスティックマナーの
アルバートです。 とってもかわいい。

 

DSC_4740(1)DSC_4742(1)



コレクションしているピンバッジは3個ゲット。
ミッキーフェイスのネックレス(安物です 笑)も 買いました。
右下の缶は、中国っぽい絵だったので 買いました。中はクッキー。
その他 メモ帳や、写真にはありませんが、ペンなどを 買ってきました。

DSC_4743(1)DSC_4744(1)



ショッパーも かわいいです。
宿泊した ディズニー・ハリウッド・ホテルにも ギフトショップがありますが、TDRの
オフィシャルホテルのように、ホテル限定グッズは 見当たりませんでした・・・残念。

DSC_4745(1)DSC_4673(1)





最後に、ホテルの壁にあった 映画のポスターの 写真を撮ってきたので アップ。
映画のタイトルは、中国語になると、こうなるんですね~・・・

DSC_4672(1)DSC_4671(1)DSC_4670(1)



香港ディズニーランドについて、その9まで 記事を書いてきましたが、今回で
終わりです。 読んで下さった方、ありがとうございました爆笑

これからも ディズニーについて 思いつくままに書いていきますので、またブログに
遊びにきて下さいね m(_ _)m

今月初めに遊びに行った 香港ディズニーランドについて いろいろ書いてきましたが、
今回は 宿泊した ディズニー・ハリウッド・ホテルについての レポです。
香港ディズニーランド・リゾートには、ホテルが2つあります。
香港ディズニーランド・ホテルと、今回宿泊したディズニー・ハリウッド・ホテルです。
香港ディズニーランド・ホテルの方が、グレードが上です。
そちらに泊まりたかったのですが、予約でいっぱいだったので、ディズニー・ハリウッド・
ホテルにしました。
まあ、急に思いついた旅行で、予約をしたのが出発の3週間前だったので~・・・
ディズニーのホテルなのに、よく予約が取れたものです。
やっぱり、香港だから

DSC_4655(1)

 

ディズニー・ハリウッド・ホテルは、黄金期のハリウッドをテーマにしたカジュアルホテルです。
とはいえ、なかなかゴージャスでしたよ。

客室やロビーなど、ホテルのあちこちでミッキーを見られます。

DSC_4656(1)DSC_4657(1)



ベッドカバーも、鏡の上の部分も、ミッキーフェイス。

DSC_4658(1)DSC_4659(1)

 

DSC_4661(1)DSC_4663(1)

 

アメニティーグッズも、もちろんミッキー。
ちょっと残念だったのが、シャンプーとコンディショナーが1本になっているものだったので、
髪がバサバサになってしまいました (^_^;)
気になる方は、準備していったほうがいいかも・・・
2人で泊まったのですが、部屋は4人までOKらしいです。
なので、スリッパは4足ありました。
歯磨き用のコップは、左下のように 大きさの違う紙コップが 置いてありました。

DSC_4665(1)DSC_4666(1)



エレベーターのボタンや扉も、ミッキーフェイスです。

DSC_4667(1)DSC_4668(1)

 

ホテルの裏庭(中庭?)は、こんな感じで広いです。

DSC_4678(1)


プールもあります。
私達が滞在中は、最高気温が23度位だったのもあってか、誰も泳いでいませんでした。
監視スタッフさんが、ヒマそうでした。

DSC_4677(1)DSC_4674(1)

 

ベンチも ミッキーフェイス。

DSC_4676(1)DSC_4654(1)


ホテルとパークの間は、無料バスが走っています。
10~15分おきと聞いていましたが、もっと頻繁に走っているように感じました。
パークまでは、5分弱でした。
写真は、ミスティックポイントのラッピングバスですが、他に グリズリー・ガルチや
トイ・ストーリーランドの ラッピングバスも ありましたよ。

ホテル内の シェフミッキーについては、すでにレポしていますので、今回はこの辺で・・・
(シェフミッキーについての記事はこちら



次回は、香港ディズニーランドでゲットした おみやげについて、お話ししますね。

今回は、ディズニーハリウッドホテルのシェフミッキーについて、お話しします。
シェフミッキーとは、シェフの格好をしたミッキーマウスと 記念撮影ができるレストランの
ことで、アメリカにもありますし、日本には ディズニーアンバサダーホテルの中にあります。
香港のシェフミッキーは、他のシェフミッキーみたく 数人のキャラクターが 各テーブルまで
来てくれるのではなく、渡されるカードに書いてある時間に、ミッキーがいる ところに行って
写真をとるシステムです。 なので、ミッキー以外のキャラは、いません。

 

DSC_4705(1)DSC_4710(1)



前日、予約が必要なのか聞きに行ったところ、9時頃は混むけれど、8時頃までに
来れば 空いていると言われました。
とはいえ、ホントにすぐに入れるのか心配だったので~・・・
朝食は 7:30~ということなので、張り切って5分前に行ったら、なんと1番目の
客でした。 (行ったのは、5月3日(土)です)
値段は、大人$218、子供$148。
日本円にすると、だいたい 2860円と1940円といったところでしょうか。

写真の通り、椅子も、照明も、壁も、ミッキー。
その他いろいろなところに、ミッキーが デザインされています。

DSC_4711(1)DSC_4712(1)



料理はビュッフェ。 香港らしいものがいっぱい。
どれも とってもおいしくて、興奮してたくさん 食べてしまいました(笑)。
先日の記事で、香港パークのレストランの料理は それほどおいしくなかったと
書きましたが、ここの料理は、とってもおいしかったです

DSC_4706(1)DSC_4708(1)



シェフミッキーお決まりの、ミッキーワッフルも もちろんあります。
右下の小さなミッキーは、バナナケーキ。

DSC_4707(1)DSC_4709(1)

 

右下は、私の一皿目。 ホントに おいしかったです。

DSC_4713(1)DSC_4714(1)


みそ汁に入っている油揚げも、ミッキー形でした(写真左下)。

右下は、冒頭で話したカード。
8:00から10:45の間に、このカードを渡すと ミッキーと写真が撮れると書いてあります。

DSC_4716(1)DSC_4715(1)



入店が1番なら、ミッキーと写真を撮ったのも1番でした(笑)。
8:00になると 音楽がかかり、シェフの格好をしたミッキーが やって来たので、すぐに
ミッキーに会いに行きました。
ミッキーは、レストランの入り口のところにいて、そこで写真を撮ります。
その後、ミッキーと写真を撮るゲストで 10数人の列ができていましたが、落ち着くと
ミッキーは1人で ヒマそうにしていました(笑)。

DSC_4717(1)


シェフミッキーや、キャラブレは、何度行っても 楽しいですね(*^^*)
「今回は行かないでもいいかな」と思いつつ、必ず行ってしまいます。
キャラがミッキー以外に来ないのは ちょっと 物足りない気もしますが、ディズニー
ワールドのキャラブレみたく、次から次へとキャラがやって来るのも 落ち着いて
食事できないし、これはこれで まあ いいっかなぁと 思いました。


次回は、ディズニーハリウッドホテルの部屋や アメニティーグッズ、パークとの
送迎バスについて お話しするので、またブログに遊びにきて下さいねウインク

先週(5月2日&3日)遊びに行ってきた香港ディズニーランドについて
記事を書いていますが、今回は、食事やその他いろいろなことについて
書きたいと思います(^O^)


まず、香港パークのお城ですが、アナハイムとパリのお城同様、眠れる森の美女の
お城
です。 日本のパークのシンデレラ城と比べると 小さいですが、これはこれで
いいのでは (^◇^) ?

DSC_4564(1)

 


昼食は、アドベンチャーランドにある中華料理のリバー・ビュー・カフェ(写真下)で
食べました。

DSC_4610(1)


テーブルが大きくて、入店するとまず「相席になってもいいか?」と聞かれました。
大陸かららしいゲストと相席になったのですが、ちょっと食べ方のマナーが悪かったのが
気になりました。
コース料理を2人分オーダーしたら、下の写真のように 大量に出てきてびっくり。
食べきれませんでした。
味は、それほどおいしくありませんでした。
香港パークの料理はおいしいと期待していたので、ちょっとがっかり。
まあ、お店によるんでしょうけれど・・・

DSC_4613(1)DSC_4615(1)

 

おやつは、左下のマンゴープリン。これはとてもおいしかったです。

夕食は、トゥモローランドにある コメット・カフェでチャーハンを食べました。
これも、「まあ、こんなものなのかなぁ?」というくらいの味。量は、多かったです。
(食事に関しては、ホテルの料理がおいしかったので、また後ほど記事にします)。

DSC_4653(1)DSC_4679(1)




アトラクションに関しては、香港にしかない新しいものを中心に紹介してきましたが、
オススメのショーを 紹介します。
アドベンチャーランドで観られる 「フェスティバル・オブ・ザ・ライオン・キング」。

DSC_4733(1)DSC_4730(1)


名作「ライオン・キング」の音楽とダンス音楽のショーです。
円形シアターで、迫力ある ミュージカルショーが 観られます。
パークでのショーとはいえ、なかなか本格的です。

DSC_4642(1)


気になる言語ですが、英語と 中国語(多分、広東語?)の両方が混ざっていました。
シンバは英語で話していて、他の動物達は中国語で話している感じ・・・(笑)。
このショーは、必見です。

DSC_4649(1)

 


下の写真は、メインストリートUSA。
写真でもおわかりでしょうか?
側面(外観)が 張りぼてのお店が いくつもあるんです。
いくら香港パークでも、これはないよな?と思い、わからないことは聞いてみよう!と
いうことで、キャストさんに聞いてみたところ、壁の塗り替え中だそうです。
おそらく来月初めには終わるだろうということでした。
これを聞いて、ほっとしました。「張りぼてのままでなくてよかった~」と・・・(笑)。

DSC_4738(1)DSC_4723(1)



その他、お話ししておきたいこととして、指紋認証システムを導入しています。
(2デーパスだったので、やったのだと思います)。
初日、1度ホテルに行きパークに戻ってきた時と 翌日パークに入園する時に、登録
しておいた人差し指を 差し出しました。
私はすぐにOKだったのですが、夫のロンが 2回とも認証されず「ノー」と・・・
何度やっても ダメ。一瞬、ロンをおいて、1人で 遊んでこようと思いました (*^^*)   
でも、結局通してくれました。
多分、最後まで認証できていなかった様子でしたが・・・



多くの人達が 気になることの1つは、大陸からのゲストのマナーではないでしょうか?
私達も、行く前、このことが 大変気になっていました。
よく聞く「パークの茂みをトイレ代わりに・・・」というのは、見かけませんでした。
食事のマナーが 汚かったりというのは、ちょっと見ましたが、まあその程度。
アトラクションに並ぶにあたっての、割り込みに関しては、大人の人でやっているのは
1度しか見ませんでした。 子供がやろうとしているところは何度も見かけましたが、
大人がそれを 止めていましたよ。
なので、心配していたようなことは、ありませんでした。


次回は、ディズニーハリウッドホテルの シェフミッキーについて、お話ししますウインク

先週(5月2日&3日)、香港ディズニーランドに遊びに行ってきました。
今回は、パレードと花火について 記事にしますね。

 

フライト・オブ・ファンタジー・パレードは、午後1時と4時の1日2回ありました。
曜日によっては1回の時もあるみたいなので、タイムガイドをチェックして下さいね。
写真は、2日(金)午後1時からのものです。

 

DSC_4625(1)

フロートは とても大きく、12mの高さまで上昇します。
途中停止して、ダンサー達がダンス音楽するのを 見られます。

 

DSC_4628(1)DSC_4636(1)


右上は、サーフィンしているスティッチ。
その下では、リロがフラダンスを踊っていました

DSC_4637(1)


パークが空いている割に、パレードは 盛り上がっていました。

 

DSC_4639(1)

 



花火(ディズニー・イン・ザ・スターズ)は、夜9時からでした。
この日はパークの閉園時間が9時なのに、花火が9時からというのが、不思議です。
アメリカのパークもそうですが、パーク閉園時間が花火の開始時間なんですよね。
眠れる森の美女のお城の上空に、盛大に打ちあがっていく花火。
ディズニーの名曲がかかっていて、お城には映像が映されます。
私達は、お城の真ん前にいなかったので、残念ながら映像は観られませんでした。
日本の花火より ゴージャズでした。 香港パークに行かれる方は、必見です。

DSC_4685(1)DSC_4689(1)

 

DSC_4692(1)DSC_4699(1)



次回は、香港パークの食事や、オススメのショー、その他 ゲストのマナーなど
いろいろなことについて、お話ししますね (^O^)

先週(5月2日&3日) 行ってきた香港ディズニーランドの記事「その4」は、
2011年にオープンした テーマランドのトイ・ストーリーランドについてです(^O^)

香港パークは このトイ・ストーリーランドが できるまでは、メインストリートUSA、
ファンタジーランド、トゥモローランド、アドベンチャーランドの4つしか テーマランドが
ありませんでした。 それで、香港パークは、「狭い」「小さい」と 言われていたんです。
3年かかって拡張され、2011年にトイ・ストーリーランド、2012年グリズリー・ガルチ、
2013年ミスティック・ポイントがオープン、今は 7つのテーマランドに なりました。



DSC_4608(1)


トイ・ストーリーランドは、ゲストが アンディのおもちゃと 遊ぶというのがテーマに
なっています。 上のウッディの高さは、約6m。


レックスも 大きい~

DSC_4592(1)



グリーンアーミーメンの行進

DSC_4600(1)



トイ・ストーリーランドには、3つの乗り物があります。
左下は、トイ・ソルジャー・パラシュート・ドロップ
約25mの高さからパラシュートが落下します(回数は5回だったと思います)。
結構 おもしろかったですよ。

右下は、スリンキー・ドッグ・スピン
スリンキーは、自分のしっぽをつかまえようとして、グルグル回っています。
この回転により ゲストも一緒に スピンします。  子供でもOKの乗り物だと思います。

DSC_4594(1)DSC_4604(1)

 

このテーマランドの1番の目玉アトラクションは、RCレーサーだと思います。
アンディのおもちゃの中で 最速のトイカーであるRCは、高速とターボチャージャー
しかないので、フルスピードで 走ります。
高さ約27mのハーフパイプのコースの てっぺんに なった時は、垂直?
というより、垂直より いっちゃっていたのでは?
前にバックに 激走して、それとともに ゲストは 絶叫。
スリル満点で、とてもおもしろかったですヾ(^▽^)ノ
初日にこれに乗ろうとした時には、ちょっと混んできて30分待ちになっていたので、
翌日 朝1番で行き、待ち時間なしで 連続2回乗りました。

DSC_4607(1)


私達が行った時は パークのオープンは10時でしたが、トイ・ストーリーランドは
10時半のオープンでした。 クローズも パーク閉園より早かったようなので、
タイム・ガイドを チェックするのを オススメします。


3回続けて、新テーマランドについて お話ししましたが、次回は パレードや花火について
記事にしたいと思っています。 またブログに遊びに来て下さいねスマイル

香港パークに、2012年7月にオープンしたテーマランド グリズリー・ガルチにある
アトラクションビッグ・グリズリー・マウンテン・ラナウェイ・ マイン・カーについて、
お話します (^O^)

 

DSC_4568(1)


香港にしかないこのテーマランド  グリズリー・ガルチの舞台は、ゴールドラッシュに
沸く19世紀後半の西部の町。
そのグリズリー・ガルチ全域を使ったコースを 猛スピードで、 鉱山列車という設定の
コースターが 駆け抜けます。

DSC_4570(1)


写真では伝わらないと思いますが、なかなかの迫力、スリル満点。
グリズリー・ベアのいたずらにより、鉱山列車は 進路を変えられ、途中でなんと
バックに走り始めたり、急旋回や急発進の連続。

 

DSC_4571(1)



あまりのおもしろさに、初日2回、2日目にも1回の計3回、乗ってしまいました。
待ち時間は、10分となっていましたが、実際は コースターを1台待っただけ。
しかし、1番混んでいた昼過ぎ頃は 30分待ちとなっていました。
(私達が行った5月2日&3日は、中国も祝日で 割と混んでいる日だったようです)

DSC_4726(1)DSC_4573(1)


このビッグ・グリズリー・マウンテン・ラナウェイ・ マイン・カーは、コースター好きなら きっと
楽しめるはずです。


このテーマランドには、アトラクションの他にも 下のような 撮影スポットなどが
ありました。

DSC_4574(1)

 

次回は、2011年にオープンした トイ・ストーリーランドについて、紹介しますね(*^^*)

昨夜、香港ディズニーランドから 帰ってきました。
今回は、香港のパークに 昨年できた、香港にしかないアトラクション
ミスティック・マナーについての 紹介です。

香港パークは 3年かけて拡張し、新テーマランドが3つ造られたのですが、
その中で1番新しいのが、昨年5月にオープンした ミスティック・ポイントです。
3テーマランドとも、パークの左奥にあります。
下のように、案内が出ていますよ。

DSC_4609(1)DSC_4728(1)



ミスティック・ポイントの中で 1番の目玉アトラクションは、ミスティック・マナーです。
マナーとは 館という意味で、大富豪の探検家&冒険家のヘンリー・ミスティック卿が、
世界中の芸術品や骨董品を収集して飾っている館が、アトラクションとなっています。
一言で言うと、ホーンテッドマンションのような感じのものです。


DSC_4575(1)



気になる待ち時間ですが、午前中は5分待ちでした。
上の写真のように、入口にはゲストがいません。
5分待ちとはいえ、実際には、止まることなく 一気にプレゼンテーションルームまで
行けました。
パークで遊んだおととい&きのう(2日、3日)は、中国も祝日ということで
香港パークにしては混んでいたのではないかと思うのですが、おそらく 初パークの
人達は、新しいアトラクションだから乗るということには ならないのだと思います。
このテーマランドは奥にあるので、ここにたどり着く前にある アトラクションに
乗っているのではないか?というのが 私の予想です。
大陸からのゲストは、飛行機の関係で パークに到着するのは昼頃になるらしいです。
なので、さすがに昼過ぎは、20分待ちになっていました。

DSC_4576(1)


写真の通り、マナー(館)は、お城のような外観です。

ホーンテッドマンションのように まず プレゼンテーションルームで、説明を受けて
から 4人乗りの 電磁カーに乗ります。

DSC_4577(1)


芸術品や骨董品のコレクションを 見ながら、電磁カーで部屋を探検します。

 

DSC_4580(1)

上の写真に写っているサルは、ヘンリー卿の相棒アルバート。
アルバートが、魔力があるオルゴールを開けてしまったことにより、コレクションが
光ったり動いたり 変化が起き、ゲストはサプライズ体験をするのです。

 

DSC_4583(1)


ホーンテッドマンションのような 動く首の彫像も ありました。

DSC_4587(1)

 

ラストがどうなるのかは、これから体験する人のお楽しみのために、黙っておきますね(*^^*)
私は このアトラクションが気に入って、おとといときのうの2回、体験しました。


このミスティック・ポイントという新テーマランドには、上のミスティック・マナー以外に
下のような ガーデン・オブ・ワンダーもあります。
この庭では、錯覚による不思議な体験ができます。
立つ場所によって 背丈が変わって見えたり、バラバラのオブジェがひとつに見えたり・・・
という 神秘的な体験ができるので、香港パークに行かれる方は、是非 こちらも
試してみて下さいね。

DSC_4588(1)DSC_4589(1)

 


次回は、2012年にオープンした アトラクションの ビッグ・グリズリー・マウンテン・ラナウェイ・
マイン・カーについて お話ししますウインク

香港ディズニーランド その1

| コメント(0)

おととい香港に到着して、きょうは 香港ディズニーランドに 来ました。
本日のパークは、10時開園、21時閉園です。

 

DSC_4547(1)


エントランスに向かう途中↑↓

DSC_4548(1)




DSC_4549(1)

エントランスの手前にあった噴水
クジラの潮で、ミッキーマウスが サーフィンをしています。
クジラは、ピノキオに出てくるモンストロでしょうかね?

 

DSC_4553(1)

エントランス
中国も祝日のため、思っていたのよりは 混雑していました。
とはいえ、東京ディズニーリゾートと比べれば、かなり空いています。

 

DSC_4556(1)

エントランスを入ると、ミッキーの花壇がありました。


今は、宿泊先のディズニーハリウッドホテルで 休憩中です。
少し休んだら、また夜のパークに戻ります。
明日、お昼までパークで遊んだら、帰国です。
帰国したらまた 香港ディズニーランドについての記事を いろいろ
書くつもりなので、また、ブログに遊びにきて下さいね。

定期購読している雑誌 Disney FAN5月号が、本日届きました。
(書店での発売日は、あさって22日)
パラパラと 全体を めくってみたところ、1番気になった記事は、
「スーパーグランドスラムで世界のディズニーリゾート完全制覇」

以前から、1度の旅行で 世界のディズニーリゾートを巡るツアーがあるのは知って
いましたが、改めて記事で 見ると すごい!
現地で数泊ずつするので、弾丸ツアーとまでは いきませんが、それでも、びっくりな
ツアーです。

DSC_3752(1)DSC_3749(1)



雑誌と一緒に、このツアーのパンフレットも同封されていました。
21日間で、次の順番に 行きます。
香港ディズニーランド・リゾート

ディズニーランド・パリ

ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート(途中でディズニー・クルーズライン)

アナハイム ディズニーランド・リゾート

アウラニ・ディズニー・リゾート&スパ コオリナ・ハワイ

DSC_3753(1)DSC_3751(1)



気になる旅行代金は、165万円~190万円。
1番安い165万円というのは 1月出発なので、おそらく日本人には アウラニや
キャスタウェイ・ケイ(ディズニークルーズで寄るディズニープライベートアイランド)で
海に入るのは、ちょっと 冷たいのではないかなと思います。

こんなツアーに参加できたら、ディズニーマニアにとっては 毎日夢のように超楽しい
でしょうけれど、疲れ果てちゃうでしょうね。
私は、順番に 1ヶ所ずつ 行きたいな・・・と思いますが、どうでしょうか

最近、WDW(ウォルト・ディズニー・リゾート)の パークチケット代が、値上がりしました。


下記のチケット代には、別途 税金がかかります

1日券の場合
マジックキングダムは99ドルに、マジックキングダム以外のパークチケット代は94ドルに
なりました。(プールは もう少し安いと思います)
パークホッパーチケットなど他のチケットも、値上げしたそうです。
1日券で 1万円以上もするというのは、東京のパークと比較すると、かなり高いですね。


アメリカのパークチケット代は、最近毎年のように 値上がりしていますね。

過去に私が行ったアメリカのディズニーパークで、想い出として キープしてある チケットで
以前の値段を 調べてみました。
(残念ながら、とっていないものもあるのですが~・・・)

 

左下:1993年9月・・・WDW1デー$32.97、  タイフーンラグーン $18.5

右下:1995年9月・・・WDW5デーワールドホッパーチケット $186、 1デー &37

 

DSC_3611(1)DSC_3610(1)

 


左下:2000年5月 カリフォルニアパーク 1デー  $41

右下:2004年1月   カリフォルニアパーク 1デー $47

DSC_3608(1)DSC_3607(1)

左下:2004年4月   WDW ウルティメイト・パーク・ホッパーパス 値段不明

2013年5月  カリフォルニアパーク。 2デーチケット、1日1パーク行けるもの。値段不明。

DSC_3609(1)DSC_3612(1)



値段が書いていないで不明なチケットや、チケットを捨ててしまっていてわからなかったりで、
参考にするものが あまりなかったのですが、東京ディズニーリゾートと比較すると、値段の
上がり方が 大きいようです。
2000年頃のチケット代の倍以上になっていますね。

そう考えると、東京ディズニーリゾートのチケットは、来月4月から チケット代が
6400円に値上がりしますが、2000年は5500円だったので、値上がりは あまり
していませんね~スマイル

ディズニーランド オープン日

| コメント(0)

本日7月17日は、58年前の1955年に アメリカ アナハイムに 夢と魔法の王国
ディズニーランドオープンした日

初日のゲストは マスコミ、政府、スポンサー企業の役員、スタジオの従業員、
工事関係者などの 招待客だけのはずだったのが、招待券が偽造され、招待客
以外の人のが多かったとか(入場者は33000人)。
そのため 飲食物の品切れ続出。
そして アトラクションは故障停止、メインストリートのアスファルトは溶けだし、
ガス漏れの通報もあり、トラブル続出。
ウォルト・ディズニーは、このオープン日を「ブラック・サンデー」と呼んだそうです。
もちろん、すぐにスタッフを集め、対策を指示しました。
そして、オープン7週間で、入園者は100万人を記録。
それから 60年近く経つ今でも 人気は衰えることがないどころか、ますます
人気に・・・ すごいですよねヾ(^▽^)ノ


P1080584(1)


写真は、ディズニーランド45周年の時に 買ったもので、かなりのお気に入り。
だというのに、掃除していて うっかり落としてしまい、両腕が ポキンと・・・ (>_<)
アロンアルファで直して、今でも飾っています。

ゴールデンウィークに カリフォルニアのディズニーリゾートに遊びに行ってきたことは、
何度か記事にしていますが、今回は ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーに
昨年オープンした リトル・マーメイド:アリエルのアンダーシー・アドベンチャーについて。

P1100928(1)P1100929(1)



映画「リトル・マーメイド」の世界を体験できるライドアトラクションで、ライドは リトル・
マーメイドらしく 貝殻の形になっています。
貝殻といえば、アトラクションへの入り口への通路の地面には、右上のように、貝殻の
絵が描かれていました。 細かいところまで・・・・さすがディズニー
オーディオアニマトロニクスで、キャラクターはスムーズに動き、また、映画で使われた
ナンバー音楽を聴けるのが うれしいところ。
「パート・オブ・ユア・ワールド」や 「アンダー・ザ・シー」などを 楽しめますよ。
見どころは、約3mの大きなアースラが現れるところかな。
リトル・マーメイド好きなら 絶対に楽しめるアトラクションです (^O^) 

ゴールデンウィークに ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーに行ってきたことは 先日
カーズランドの記事で書きましたが(その記事はこれ これ)、今回は カーズランド
オープンと同じ 2012年6月15日に リニューアルオープンした ブエナビスタ・ストリート
ついて。 カリフォルニア・アドベンチャーの新しいエントランスで、若き日のウォルト・
ディズニーが カリフォルニアまでの片道切符と 40ドルの現金を持って、カンザスから
やってきた1920年代の ロサンゼルスの街が舞台となっています。


P1100916(1)P1100913(1)

 

右上は レッドカー・トロリー。 当時 ロサンゼルスで 運行していた パシフィック・
エレクトリック・レッド・カーズを 再現したもので、ベルやホイッスルを鳴らしながら
パーク内を走っています。
エントランスから タワー・オブ・テラーまでを往復しているので、移動にも 使えます。


下は、ロンとホストファミリーが スターバックスでコーヒーを買っている間に 1人で
見ていた、 ファイブ&ダイムというショー。 1920年代から30年代にヒットした
ジャズナンバーを演奏。グーフィーも登場してダンス音楽を 披露してくれます。
さすが、グーフィー。 かっこいいLOVE
マックス(グーフィーの息子)も登場してくれたら もっとよかったのに~ (^O^)

ちなみに、ブエナビスタ・ストリートには、ディズニパーク初の スターバックスがあります。
そして このスターバックスには、フィドラー、ファイファー&プラクティカル カフェという
「3匹の子ぶた」の3兄弟の名前が 付いているんですよ。

P1100923(1)

 

ブエナビスタ・ストリートで、1枚だけ写真を撮るとしたら、撮るべきものは ストーリーテラー
でしょうね。 冒頭で話した 1920年代に ロサンゼルスにやってきた ウォルトと ミッキーの
スタチューなんです。 絶対に ここで 記念撮影をするぞと 思っていたのに・・・
ホストファミリーと一緒に夢中になって パーク内を かけまわっているうちに、すっかり
忘れてしまいました(-o-;)
なので、イメージとして、雑誌の写真を 右下に アップしておきます。

 

P1100917(1)P1110155(1)

 

これから、カリフォルニア・アドベンチャーに行かれる方は、是非、ストーリーテラーで
写真を撮ってきて下さいねウインク

そして、古き良きアメリカの雰囲気を 楽しんできて下さい。

前回は、ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーに 昨年の6月にオープンした
テーマランド、カーズランドについて、お話ししました。
今回は、カーズランドに3つあるアトラクションのうちの1つ、ラジエーター・
スプリングス・レーサーズ
について、お話しします(^O^)

私が カリフォルニア・アドベンチャーに行ったのは平日だったこともあって、それほど
混んでいなかったのですが、カーズランドだけは別で、超混んでいました。
ファストパスを とっていなかったこともあり、このアトラクションには、1時間以上
待ちました。

P1100956(1)P1100958(1)



右上のような風景を見ながら並んでいるのですが、この岩を 完成させるのに、
2年もかかったそうです。 岩山のオーナメントバレーの模型は、ルート66や
レイクタホ、ザイオン国立公園などの風景を参考にしながら、世界の石造りの
専門家達が、造ったそうです。

右下は、乗り場。 写真を撮ってから すぐに 私も 車に乗り込みました。
車は 3人掛け×2列の6人乗り。
私はホストファミリーと一緒に 5人で1台に乗りました。

レースカーは、1台1台 色や表情が 違うんです。
前半は屋内で、映画のストーリーをドライブしながら 楽しみます。

P1100960(1)P1100961(2)

 

そして 後半はカーレース。 2台のレーシングカーは、岩山のアップダウンや
コーナーを 瞬間最大時速65kmで 駆け抜けていきます。
なかなかエキサイティングで 楽しかったですよ爆笑
左下は、アトラクションの外から 私が撮影したもの。
車が ちょっぴりしか写らなかったので(^_^;)  、右下に 参考までに 雑誌の写真を
アップしておきました。 こんな感じで、2台並んで 走ります。

 

P1100962(1)P1110156(1)


最後の急カーブを曲がり 直線コースを走り抜けると ゴール目前。
果たして、勝利は・・・
なんと、私達のレースカーが 勝ちました
と言っても、ゲストは ただ乗っているだけで 運転は 全くしないので、ただの運(笑)。
それで 相手のイエローの車は 負けてしまい、私達に「イエーイ」とか言われているの
だから、気の毒なものです(笑)。

スピードは出ますが、急降下などはないので ジェットコースターが苦手な人でも
乗れるのでは

カーズ好きの人は特に楽しめる アトラクションだと思いますよ~ウインク

4月30日に、アナハイムのディズニーリゾートの カリフォルニア・アドベンチャー
行ってきました。
2年前に行った時は、カーズランドが建設中で、オープンしたら、絶対に行きたい~
と 思っていました。

P1100944(1)P1100945(1)


昨年6月にオープンした 新テーマランドの カーズランドは、東京ドーム1個分以上の
敷地に、ディズニー/ピクサー映画「カーズ」に登場する町、ラジエーター・スプリングスを
再現しています。
3つのアトラクションの他に、ダイニングやショップなどがあります。

 

P1100948(1)P1100949(1)

上の コージーコーンモーテルは、ルート66で有名な モーテルをモチーフにした店。
ポップコーンや アイスクリーム、その他コーンにこだわったスナックを提供しています。

左下の フローのV8カフェは、朝食からディナーまで食べられる カーズランドの
メインダイニング。 ルート66沿いにあるレストランで提供しているような、ロティサリー
ポークや、地ビール、ワインを 味わえます。

P1100950(1)P1100952(1)

 

映画そのままの町、ラジエーター・スプリングスを 歩いているだけでも ワクワクしちゃい
ますよヾ(^▽^)ノ
もちろん、マックイーンや メーターとの キャラクターグリーティングも あります。

P1100954(1)P1100955(1)

 

次回は、カーズランドのアトラクションのうちの1つ、ラジエーター・スプリングス・レーサー
について、お話ししたいと思います

5ヶ月ぶりの ブログ更新 (^_^;)

ゴールデンウィークに、アメリカへ
学生時代から 何度もお世話になっている カリフォルニアのホストファミリーの家で、
ホームステイをしてきました。
そのファミリーと一緒に、4月29日に、アナハイムの ディズニーランドへ。

アトラクションのうちの1つ スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニューの紹介。
これは、フライトシミュレータ型のアトラクションで、かつての人気アトラクション スター・
ツアーズが 3Dとなって、2011年6月3日に リニューアルオープンしたものです。

P1100891(1)スターツアーズ(2)

 

最新の モーション・シミュレーターと 音響システムが導入されていて、3D用のメガネを かけた
ゲスト達は、画面の中にいるような 感覚が体験できます。
50通り以上もの組み合わせで ストーリーが展開されているので、乗るたびに 違ったストーリーを
体験でき、以前のものより ずっと迫力があります。 すごいですよね~
私は、酔わないように、時々 目をつぶってしまいました(-.-")
リアルで スリルいっぱいの この 宇宙旅行体験は、大変人気があるので、ファストパスを ゲット
したほうがいいかも・・・

そして、この スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニューは、本日5月7日、
東京ディズニーランドの トゥモローランドに リニューアルオープンしました。
しばらくは、超~混むんでしょうね~。

私は ディズニーのピンが大好きで、集めています。
と言っても、パークに行けば必ず買うわけでもなければ、レアものに興味があるわけでも なく、
中途半端なコレクションでして・・・(笑)

左下:東京ディズニーリゾートのピンと、 国内の旅先で買った地域限定ピン
右下:海外ディズニーリゾートで買ったり、アメリカのホストファミリーの妹が送ってきたピン

P1080218(1)P1080220(1)

 

左下:アウラニでディズニーバケーションクラブに仮入会した時にもらったピン
右下:ピントレーディングでゲットしたピン

P1080224(1)P1080221(1)

 

この ピントレーディングが とっても楽しいんです爆笑
ピントレーディングとは、海外のディズニーリゾートで行われている ピンバッチを交換すること。
自分が持っているピンと キャストやゲストが持っているピンを 交換する遊びです。
私は2度しか経験したことがないのですが、最初は WDWのホテル内のキャストさんから
右上の写真の 右側のピンをゲットしました。
左側の2つは、今夏、ハワイのアウラニ・ディズニー・リゾートで やはりホテル内のキャストさん
からゲットしたものです。

P1080229(1)


基本、ランヤード(上のような ピンを付けるストラップ)を首に かけているキャストさんと トレード
するのですが、アウラニのキャストさんは、ピンブックにたくさんピンを入れていて、そこから
選ばせてくれました。 こちらからは、日本のディズニーピンを 差し上げました。
日本のピンは、海外では 珍しいので、喜んでもらえますよ。
興味のある方は、海外パークに行ったら、是非トライしてみて下さいね。
やり方は まずは、ピントレーディングをしたい人に、話しかけることです。
あるいは 話しかけられることも あるかもしれませんね。
ピンをきっかけに キャストさんと会話が生まれるのも 楽しいですよ (^◇^) 

中途半端なコレクションのピンですが、ちょっと 増えてきたので、次回パークに行ったら
ピンブックを 購入してこようと思っています。

ディズニーパークの城

| コメント(4)

ディズニーパークのシンボルといえば、お城。
下のお城は、フロリダのWDWのマジックキングダムにある シンデレラ城 です。
モデルとなったのは ドイツのノイシュバンシュタイン城と言われています。


城

 

東京ディズニーランドのシンデレラ城の高さは 51m。
ちなみに 東京ディズニーシーのプロメテウス火山の高さも 同じ51mだそうです。

 

シンデレラ城があるのは、マジックキングダムと 東京ディズニーランドだけなのは
知っていますか
カリフォルニア、パリ、香港のパークにあるのは、眠れる森の美女のお城なんです。
下の写真は 両方とも、カリフォルニアの眠れる森の美女のお城の前で撮った写真です。
いつか パリと香港のパークのお城も 見てみたいものですラブラブ

 

お城(1)castle(1)

 

カリフォルニアのディズニーランド(1955年オープン)のお城は、最初 白雪姫のお城になる
はずだったそうです。
しかし長編アニメの「眠れる森の美女」(1959年公開)を製作中だったため、こちらのお城に
した方が、パークにとっても 映画にとっても 効果があると 思ったんでしょうね。

東京ディズニーランドのシンデレラ城では、以前あったミステリーツアーに代わり、
東京オリジナルのアトラクションであるシンデレラのフェアリーテイル・ホールという
アトラクションが楽しめます。

私が興味あるのは、ここ フェアリーテイル・ホール内のグランドボールルームで結婚式が
挙げられる ディズニー・ロイヤルドリーム・ ウェディングLOVE       料金は 50名で 750万円。
ディズニー大好き人間にとっては、夢のような 結婚式になるでしょうけれど、それにしても
かなり高額ですね~・・・
どなたか ここで結婚式を挙げる予定がある方は、是非 どんなだったかを教えて下さいねウインク

上のブログ名の背景に使っている写真は、カリフォルニアのディズニーリゾート、
カリフォルニア・ アドベンチャーのパラダイス・ピアにある 巨大観覧車の
ミッキーズ・ファン・ウィールです。
昨年の3月に アメリカのホストファミリーの妹と一緒に行った時に 撮りました写真
これを背景にしたショー、World of Color(ワールド・オブ・カラー)が ものすご~く
素晴らしかったので、紹介します(^◇^)


DSCN1862(1)

2010年6月にスタートしたこのショーは、スタートしてすぐに 大人気のアトラクションと
なりました。 この観覧車を背景にした、強力な噴水の世界最大のウォーター・
プロジェクション・スクリーンに、色鮮やかな映像を映し出すんです。
あまりに夢中になって見ていたため 写真には撮っていないのですが、ディズニーアニメの
名作シーンの映像が 次々と、高さ60m、幅100mという巨大な噴水で できたスクリーン
に 映し出されました。
また、噴水はスクリーンとしてだけではなく、上下の写真のように カラフルな水が
ディズニーの名曲音楽に 合わせてダンスするように動きます。
水と光と音楽でできた 幻想的なエンターテイメントは、ほんと~うに素晴らしくって、
感動しました。
アメリカでノリがいいっていうのもありますが、ゲストはみんな 大歓声を上げていましたよ。
もちろん、私もですが・・・(*^^*)
一緒に行ったホストファミリーの妹は、翌日会った友達に 大興奮して このショーについて
話しまくっていました。


DSCN1869(1)

 

ショーの時間は30分位だったと思います。
超~人気アトラクションなので、パークに着いたらすぐにファストパスを取るのを
おすすめします。
しつこいようですが、このワールド・オブ・カラーは、ものすご~く人気があります。
カリフォルニアのパークに行ったら、絶対に観たほうがいいですよウインク

WDWのパルミッキー

| コメント(0)

ウォルト・ディズニー・ワールド(WDW)でゲットした パルミッキーの紹介ウインク

2003年から WDW内で レンタル&販売を開始したこのパルミッキーを 私がゲットしたのは
2004年の春。 WDW滞在中だけレンタルというのもあったのですが、日本に連れて帰り
たかったので、$60で購入しました。


P1070939(1)P1070940(1)


WDWのパーク内でONにしておくと パーク内のセンサーに反応するのか、 いろいろ
おしゃべりして とても 賢いんです。
例えば、パーク内でガイドをしてくれました。 このパルミッキーをパーク内で持ち歩いていると、
ショーの開始時間やグリーティング状況を教えてくれたんです。
ミッキーがブルブルっと震えた時に手を押すと、「1時間後に○○のショーが始まるよ」とか
「今どこどこで、×× のキャラクター がグリーティングしているよ」とか情報を知らせてくれました。
また、各パークのトリビアを話してくれたり、ゲームしたりクイズを出してくれたりするので、
アトラクションの待ち時間に遊ぶこともできました。
パーク内でクイズを出す時には、近くのアトラクションにちなんだクイズを出してくれました。
なんて お利口なミッキーなんでしょう (≧∇≦)
帰国後も、一緒にゲームで遊ぶことが できます。

 

P1070937(1)P1070938(1)

     ↑パルミッキーの説明書↑



ミッキーの後ろには ベルト等にひっかけやすいクリップが付いていましたが、私はたいてい
下の写真のようにバッグに入れて 連れ歩いていました。

バズ(1)


その後、このパルミッキー用の着せ替えの服が販売されたと聞き、次回WDWに行く時に
連れて行こうと思っていたのですが・・・どうやらもうパルミッキーは販売していないようですね。 
もう何年も パルミッキーについての情報を聞きませんから・・・
ということは、連れていっても パーク内でのガイドも してくれないってことでしょうね
情報がないので、わからないのですが・・・残念です

まあ、家でも 一緒にゲームが できるので、これからも かわいがるつもりです

本日10月1日は、1982年に フロリダの ウォルト・ディズニー・ワールドに 2番目の
テーマパークとして エプコットが オープンした日。 (当時の名称は エプコット・センター)
ということで、今回は、エプコットにある リーブ・ア・レガシー(Leave a legacy )
ついて お話しします

エプコットは、近未来の最新技術に触れられるフューチャー・ワールドと、世界11カ国を
テーマとしたパビリオンがある ワールド・ショー・ケースの 2つのエリアからできています。
左下の 球体は スペース・シップ・アースといって、エプコットのシンボルとなっています。
そこの前に 石碑のような展示物がいくつも並んでいます(写真右下)。
これ、リーブ・ア・レガシーといって、ゲストの顔を 小さな金属タイルに刻み込んで
未来に残すというものなんです。


えぷこっと(1)エプコット(1)



1枚のタイルには2人までということで、私も夫ロンと2人で参加しました。
どのあたりに 私達の写真のタイルが はめ込まれるかは、後日郵送で 知らせてくれるとの
ことでした。        帰国数週間後に届いたのが、下のネガ。
下の方に、どこに タイルが はめ込まれたのか場所が 書かれています。
私達の顔は、East3-C-13-6-15という場所にあるようです。


P1070832(1)



現在、リーブ・ア・レガシーの受付は終了しているようです。
私達が これを やったのは 2004年の春。
記憶が 定かではないのですが・・・・・
この展示があるのは 20年間って聞いた記憶があるんです。
(ロンは 覚えていないとのこと・・・)
だとしたら、なくなる前に エプコットに 私達の金属タイルを 見に行かなくっちゃスマイル

今月20日に発売した 海外ディズニーリゾート パーフェクトガイドBOOK 2013
購入しました。
講談社の雑誌 ディズニーファン編集部による ムック本で、価格は 1575円。

今のところ、海外パークに行く予定は ないのですが、予習&復習ということで・・・ (*^^*)


P1080110(2)

 

カリフォルニアとフロリダを中心に、パリ、香港、ハワイのリゾートの情報を ゲットできます。
パークのアトラクションだけではなく、レストランやホテル、グッズ、最新のイベントについても
知ることが できます。
うれしいのが、ハワイのアウラニ・ディズニー・リゾートを紹介しているDVDも付いています。

ただ・・・ちょっと残念だったのが・・・
すでに ディズニーファンに掲載済みの写真が いくつもあるんです(^_^;)
説明は 内容が同じでも 言い方を変えたりしているのですが、写真は まったく同じで~・・・
でもまあ、世界のディズニーリゾートについて 1冊で まとめられているっていう点で
評価できるし、便利だと思います。     新しくゲットできた情報も ありますしね。
それに、見ているだけで 夢が広がりますラブラブ
海外ディズニーに行く予定がある人や、興味がある人に、おすすめの1冊です。

 

P1080111(1)



今、私がディズニーパークで1番関心がある カーズランドのことも 出ています。

カーズランド・・・今年の6月15日に カリフォルニア・アドベンチャーに
   オープンした 新テーマランド


この本とは無関係の写真なのですが、昨年3月に カリフォルニア・アドベンチャーに
行った時に 建築中だった カーズランドの写真です↓

DSCN1817(1)

 

カーズランドだけで 東京ドーム1個分以上の 敷地があるそうです。 楽しそ~う(≧▽≦)
いつ行くか わからないけれど・・・
カリフォルニア・アドベンチャー に行く時のために、今から 研究しておくつもりです (*^o^*)

パークのキャラクターグリーティングや、レストランのキャラクターブレックファストの時などに、
ミッキー達キャラクターと一緒に 写真を撮りますが、この時、サインも もらえます。

これは、フロリダの ウォルト・ディズニー・ワールドで 購入した サイン帳です。
もう何年も前に買ったものなので、今は 同じものは 売っていないかもしれません。


P1070925(1)

 

このサイン帳に書いてもらったものから いくつか 紹介ウインク

左下: ミッキーマウス        
右下: プルート[絵文字]プルート

P1070926(1)P1070927(1)

 

左下: ドナルドダック
右下: イーヨー

P1070928(1)P1070929(1)

 

イーヨーにサインしてもらっている時は ちょっと 悔しい思いをしたんです。
イーヨーと 写真を撮って サインをもらっている時に、頻繁には見かけないジャスミンが
横を通って・・・        イーヨーを ほっぽって、ジャスミンのところに 駆け寄りたかったけれど、
そういうわけにもいかず・・・
その後、イーヨーは 暇なのか()しょっちゅう 見かけたので、あの時 イーヨーと一緒に
いなければ~・・・な~んて (*^^*)        今では 良い想い出です(笑)。

ディズニーワールドのパークでは、決まったグリーティングタイムでなくても キャラクターが
ふらふら歩いている時があって、すぐにサインを もらえました。

先月行った ハワイのアウラニ ディズニー リゾートには、いい年してサイン帳っていうのも
どうかと思い、持っていかなかったのですが、ディズニーの仲間達を見たら、やっぱり サイン帳を
持って来ればよかったと ちょっぴり後悔しました。

ディズニーフリークというのは、こんなものです(笑)。
ディズニーファンでない方は、キャラクターからサインをもらって喜んでいる大人を見ても、
どうか バカにしたり 笑ったりしないで、温かく見守って下さいねラブラブ

最近のコメント

アーカイブ

プロフィール

ニックネーム:ピーナッツ
神奈川県茅ヶ崎市に住んでいるディズニー大好きPeanutです。 湘南地区を紹介しているブログ「Peanutの湘南日記」 もよろしくお願いします。

★☆ミッキーネット☆★

アクセスカウンター

★今日★

☆昨日☆

●累計●
Powered by Movable Type 5.2.13