D.映画の最近のブログ記事

映画「トイ・ストーリー4」のブルーレイを
購入しました。

DSC_8654miniDSC_8655mini


ウッディやバズ達の新たな旅立ちと冒険に、
フォーキーや ダッキー&バニー達の新キャラ。
 
リピート決定の おもしろさです♬

DSC_8656mini

ライオン・キング

| コメント(0)

映画「ライオン・キング」を観てきました。
25年前のアニメーションの超実写版です。
DSC_6716mini


毛並みまでリアルな動物達と、大自然の臨場感を
楽しめる、素晴らしい映画でした。
シンバ達が もふもふしていて、かわいかったです。
大スクリーンで観て、よかったです♬

DSC_6713miniDSC_6714mini

映画「シュガー・ラッシュ オンライン」
(原題「Ralph Breaks the Internet」)を
観てきました。

DSC_1162(1)


2012年公開の「シュガーラッシュ」
(原題「Wreck-it Ralph」の続編です。
ゲームキャラクターのヴァネロペとラルフが、
インターネットの世界で繰り広げる冒険と
友情ストーリーなのですが、こんな映画
観たことない~・・・って 感じで、とっても
おもしろかったです。
まあ、ディズニー映画は、いつもどれも
新鮮ですが・・・ 
DSC_1156(1)DSC_1157(1)


ディズニーキャラクターが、たくさん出演
するのも、見どころの1つです。
特に、ヴァネロペが サイト内で プリンセス達と
共演するシーンは、最高です。

DSC_1164(1)


ハンドタオルを 買ってきました

映画「プーと大人になった僕」(原題
「Christopher Robin」)のブルーレイを
購入しました。
初回限定アウターケース付きです。

DSC_0845(1)DSC_0846(1)


プーさんと、大人になったクリストファー・
ロビンの 奇跡の再会ストーリーで、9月に
映画館で観て、すごく気に入った映画です。
吹き替え版で観たので、英語バージョンで
観るのが、楽しみです♬

DSC_0847(1)DSC_0848(1)

夏に映画館で観た「インクレディブル・ファミリー」が
とてもおもしろかったので、 ブルーレイを 購入しました。

DSC_0144(1)DSC_0145(1)


リピートして観るつもりですスマイル

DSC_0146(1)

プーと大人になった僕

| コメント(2)

映画「プーと大人になった僕」(原題
「Christopher Robin」)を 観てきました。
DSC_8468(1)

 

プーさんと、大人になったクリストファー・
ロビンの 奇跡の再会ストーリー。
DSC_8429(1)


プーさんと 100エーカーの森の仲間達は、
クリストファー・ロビンが大人になっても
何も変わっていません。
しかし、クリストファー・ロビン とのことを
よく覚えていて、何が大切なのかを
よくわかっています。

DSC_8430(1)



そしてクリストファー・ロビンはプー達のおかげで、
本当に大切なものは何かを見つけることができます。

DSC_8431(1)

 

プーさん達はとにかくかわいいです。
そしてこの映画、私にとっては完璧。
超おもしろかったです。
100点満点でした♬

「インクレディブル・ファミリー」を 観てきました。
2004年公開の「Mr.インクレディブル」の続編で、
ディズニー/ピクサー20作目の長編映画です。

DSC_7290(1)

 

悪と戦い平和を守るスーパーパワーを持った、5人の
ヒーロー一家の活躍ストーリーなのですが、ヒーロー
活動と日常生活のギャップが、すごくおもしろかったです。

DSC_7289(1)

 

アニメーション史上全米歴代1位の大ヒットという
ことで 期待していましたが、期待通り、とっても
おもしろかったですヾ(^▽^)ノ

春に映画館で観た「リメンバー・ミー」が とても
おもしろく気に入ったので、 ブルーレイを 購入
しました。

DSC_6731(1)DSC_6733(1)

 

リピートして観るつもりです音楽

DSC_6732(1)

リメンバー・ミー

| コメント(0)

「リメンバー・ミー」を、観てきました。

「トイ・ストーリー3」のリー・アンクリッチ
監督の、メキシコの伝統的な祝祭「死者の日」を
描いた家族の物語。
今生きている家族だけではなく、何世代も前の
家族との「絆」。

DSC_3469(1)



アカデミー賞の「長編アニメーション賞」と
「歌曲賞」(リメンバー・ミー)の2部門を
受賞しました。

DSC_3467(1)DSC_3468(1)

 

感動するし、とてもおもしろかったです。
ブルーレイが発売されたらゲットして、
繰り返し観ようと思います (*^^*)

ディズニー/ピクサー映画「カーズ クロスロード」
ブルーレイが 届いたので、早速観ました。

DSC_0522(1)DSC_0523(1)

 

人生の岐路と仲間との絆。
挫折は終わりではなく、新たな 始まりという
メッセージがこめられています。
とても おもしろかったです。

DSC_0524(1)

「美女と野獣」のブルーレイ

| コメント(4)

春に映画館で観た実写版「美女と野獣」が 素晴らしかったので、
本日発売開始した ブルーレイを 購入しました。

DSC_9079(1)DSC_9080(1)

 

ケースも ステキ・・・

DSC_9081(1)DSC_9083(1)

 

リピートして観るのが、楽しみですスマイル

DSC_9082(1)

ディズニー映画「モアナと伝説の海」のブルーレイが 届きました。
3月10日に公開された ファンタジー・アドベンチャーです。


DSC_6772(1)DSC_6774(1)

 

ヒロインは、自分の生きる道を探すモアナ。
幼い時のモアナが、とってもかわいいですLOVE
ストーリーも 素晴らしいですが、心に響く音楽音楽
美しい映像が、素晴らし過ぎる。
髪の毛と 水(波や水しぶきなど)の表現技術が、各段に
上がったなと 感じました。

DSC_6773(1)


もちろん、リピートします(*^o^*)

先日映画館で観た「美女と野獣」実写版が あまりに素晴らしかったので、
サウンドトラックを、ゲットしました。

DSC_5591(1)DSC_5592(1)

 

1991年のアニメーション版に使われた すべてのミュージカルナンバーが
使われていて、さらに新曲音楽もあります。
どれも名曲ばかりで、改めて アラン・メンケンは、天才だなと
思いました。

DSC_5590(1)

美女と野獣

| コメント(2)

実写版の「美女と野獣」を、観てきました。
1991年公開のアニメ版「美女と野獣」は、新生ディズニーが築く
第2の黄金期の代表作。
その実写版ということで、期待大で観たのですが・・・
すごく素晴らしかったです。
ミュージカルナンバーは、ビックリするほど、アニメを
忠実に再現しています。
新曲も、素晴らしいです。


DSC_5513(1)

 

ストーリーも 忠実なんだけれど、さらに良くなっている感じです。
例えば アニメでは、ちょっと不自然だなと思っていたところが
いくつかあったのですが、自然な感じに 変更されていました。
ボールルームのダンスシーンは、アニメ同様、いつまでも
観ていたいくらい、ステキでした。
ブルーレイが出たら購入して、繰り返し観たいです。

 

DSC_5514(1)DSC_5515(1)

ディズニー映画のポスター

| コメント(2)

友達が、ポスターを3枚送ってきてくれました。

4月21日公開の「美女と野獣」
7月1日公開の「パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」
7月15日公開の「カーズ クロスロード」
のポスターです。

DSC_4267(1)DSC_4269(1)DSC_4270(1)

 


写真だとわかりませんが、103cm × 73cmという、とても
大きく立派なポスターです。

ますます映画が、楽しみになってきました (*^o^*)

「モアナと伝説の海」のサウンドトラックを、ゲットしました。

DSC_4090(1)DSC_4092(1)

 


映画公開前ですが、曲を聴いているだけで、こみあげてくるものがあります。
素敵な曲音楽ばかりです。
特に、「How Far I'll Go」は、感動~スマイル

DSC_4091(1)

ズートピアのブルーレイ

| コメント(0)

ディズニー映画「ズートピア」のブルーレイが 届きました。
4月23日に公開された ファンタジー・アドベンチャーです。
内容を知りたい方は、2枚目の写真に 簡単に 書いてあります (*^o^*)



DSC_0352(1)DSC_0353(1)




映画館でも観ましたが、吹き替えだったので、英語版で観るのが
楽しみです (((o(*゚▽゚*)o)))


DSC_0354(1)

アーロと少年のブルーレイ

| コメント(0)

アーロと少年」のブルーレイが届いたので、早速観ました。
3月12日に公開された ディズニー/ピクサーの映画で、
映画館で観ていなかったので、楽しみにしていました。


DSC_9161(1)DSC_9163(1)



もし 隕石が地球に衝突せずに、恐竜達が 絶滅していなかったら・・・
という設定のストーリーで、主人公の 恐竜のアーロが、たくましく
成長していく ファンタジーです。
大自然の映像も 素晴らしくて、実写かと思ってしまうくらいです。


DSC_9162(1)



とてもおもしろかったので、近いうちに また観ようと
思っています(*^o^*)

「スター・ウォーズ フォースの覚醒」のブルーレイが 届きました。
ジャケットには、大好きな BB-8 が・・・ヾ(^▽^)ノ


DSC_8247(1)DSC_8248(1)

 

映画館で観て以来なので、5ヶ月ぶりにまた観るのが、楽しみです♪

ズートピア

| コメント(0)

4月23日に公開した 「ズートピア」を 観てきました。
これは、かな~り おもしろいですヾ(^▽^)ノ

一生懸命で純真なヒロインのうさぎジュディと 彼女に感化
されていく キツネのニック。

この2人が 魅力的で、そして、さすがディズニー。
ストーリーが、最高です。


DSC_7954(1)


 
 
グッズも たくさん、売られていました。

DSC_7951(1)DSC_7952(1)

 

オススメの映画です(^O^)  

きのう、「スターウォーズ  フォースの覚醒」を 観てきました。
私は、スターウォーズシリーズを観たことがなかったのですが、ディズニーがエピソード7を
製作すると発表があってから、エピソード6まで 全て観ました。
より エピソード7を 楽しみたかったからです。
観ておいてよかったですが、観たことがない人が 新エピソードだけを観ても
楽しめると思います。
展開が早く、新キャラクターも魅力的で、とてもおもしろかったです。


DSC_5528(1)DSC_5521(1)


地元茅ヶ崎の映画館に行ったのですが、エレベーターも スターウォーズに
なっていました。
もちろん、グッズもたくさん売られていました。


DSC_5522(1)DSC_5526(1)



私が気に入ったのは、新キャラのBB-8。

DSC_5529(1)



アナハイムのディズニーランドと フロリダのディズニーワールドには、スターウォーズを
テーマにした 巨大アトラクションがオープン予定だし、しばらくスターウォーズで
盛り上がりそうですね(^O^)

スターウォーズ

| コメント(0)

来年末に、ディズニー制作のスターウォーズが公開される前に、スターウォーズを
勉強()しています。
今まで観たことがなかったのですが、ディズニーファンとしては、新作が公開される
までに、今までのシリーズを バッチリにしておきたいのです (*^o^*)

 

DSC_6963(1)



ディズニーリゾートに、スターウォーズの新アトラクションができるそうです。
どこのパークなんだろう
楽しみですね。

DSC_6961(1)



アナハイムのディズニーランドで、数年前に買ったものです。
            ↓

DSC_6967(1)



ディズニー制作のスターウォーズ公開が、待ち遠しいですラブラブ

「アナと雪の女王」のブルーレイが 届きましたヾ(^▽^)ノ
発売初日だけで売り上げが66万1000枚に達し、初日分だけで歴代1位上矢印
なったと、話題になっていますね。
アカデミー賞では、ディズニー初の長編アニメーション賞と主題歌賞の
W受賞をしました。


DSC_5689(3)

 

リバーシブル・ジャケットということなので、どちらも試してみました。

DSC_5692(1)DSC_5693(1)

 

もう1度観たいとずっと思っていたので、発売日が 待ち遠しかったです。
何回 繰り返し 観ることに なるでしょうか(*^^*)
ちなみに、今までで 1番繰り返し観たディズニー映画は、「ムーラン」。
ムーランの回数を 抜くことになるでしょうか (^O^) ?

プレーンズのブルーレイ

| コメント(0)

明日発売の ディズニー映画 「プレーンズ」の ブルーレイが、届きました。
昨年8月9日に全米公開され、日本では12月21日に公開され、
今年の7月19日には、続編「プレーンズ2」が 公開予定ですね。

 

DSC_4330(1)DSC_4332(1)


ストーリーを 簡単に説明すると、田舎町に住む飛行機のダスティは、「世界一周
レース」に出場してチャンピオンになる夢を抱いています。
しかし彼は農薬散布機で、また、高所恐怖症という欠点があるのです。
レースに参加したダスティは・・・・・

映画館で観ていなかったので、早速観ましたが、とてもおもしろかったです。
週末、夫ロンと もう1度観ることになると思います (^O^)

勇気と感動のファンタジーアドベンチャーを、是非観てみて下さいねウインク

本日発売の ディズニーアニメーション大全集を、ゲットしました。
講談社から出ているもので、2200円(税別)。
「白雪姫」から「アナと雪の女王」まで、長編アニメについての ガイドブックと
なっています。

DSC_3953(1)DSC_3954(1)

 

これから公開予定の作品についても、ちょっと 出ています。

DSC_3955(1)


ディズニーアニメーション好きに オススメの1冊です(^O^)

アナと雪の女王 主題歌

| コメント(4)

ディズニー映画「アナと雪の女王」(原題「Frozen」)が、明日公開になりますね。
ウォルト・ディズニーが1923年に会社を創立し、アニメーションを作り始めてから90年の
記念作品となります。
このアンデルセンの物語は、ウォルトもアニメ化を考えていたそうです。

第86回アカデミー賞で 長編アニメーション部門を受賞していますし、ディズニーアニメ
史上ナンバー1大ヒットということで、期待大の映画なのは 言うまでもないのですが、
私が 最近 超お気に入りなのは、主題歌の「Let It Go」音楽
全米ビルボードチャート1位を獲得したこの曲は、イディナ・メンゼルが歌っているのですが、
パワフルな歌声が素晴らしいです。
作詞作曲したロバート・ロペスは、アカデミーで主題歌賞を受賞しました。
彼は、これで エミー、グラミー、オスカー、トニーの4冠 EGOTを獲得したことになります。
これは12人目、最年少での達成なのですが、ディズニー音楽といえば・・・のアラン・メンケンで
すらまた達成していないのですから、快挙ですよね。

DSC_3263(1)


「Let It Go」をまだ聴いていない方は、映画を観る前に 是非聴いてみて下さいね(^O^) 

最近、ディズニーの「ステップアップ」という映画を観たのですが、とてもおもしろかった
ので紹介しますウインク
2006年公開の映画で、超簡単にあらすじを説明すると、アメリカのボルチモアを舞台に、
ストリートダンスやバレエといった、様々なダンスシーンでいっぱいの 青春ラブストーリー。
ダンス好きでない人からすると、どこまで楽しめるのかが ちょっとわからないのですが、
ダンス好きの私には とても楽しめる映画でした。
ダンスシーンは かっこいいですよ。

step up

ちなみに、主演のチャニング・テイタムは、この映画で トップスターになりました。
そして、主演は変わりますが、2008年に「ステップアップ2 ザ・ストリート」
2010年「ステップアップ3」(劇場未公開)、2012年「ステップアップ4 レボリューション」と
続編もあります。
最新作のレボリューションも 日本では劇場未公開でしたが、すでにDVDやブルーレイの
レンタルも しています。
すべて観ましたが、どれも ダンスシーンが かっこよくて、おもしろいです。
ジャンルを超えたハイレベルのダンスを 観られますよ。
また、レボリューションでは、フラッシュモブも 取り入れています。
音楽も、最高音楽
ストーリーは、ディズニー映画だけあって、安心して観られる感じですが、深く考えると
おかしな場面もあるので、単純にダンスを楽しむのがいいと思います(*^^*)
ダンス好きの方に、是非観て頂きたい映画の紹介でした。
ディズニー好き&ダンス好きの方は、1番楽しめると思います。

明日発売の ディズニー映画「シュガー・ラッシュ」のブルーレイが、本日
届きました。

ゴールデンウィークに アメリカでホームステイした時に、ファミリーと一緒に 家で
観たのですが、遊びまくった日の 夜だったのもあり、途中でソファで 眠ってしまい、
最後まで 観ていません(-.-")
でも、途中まで、とっても おもしろかったのを覚えています。

なので、観るのが とっても 楽しみですヾ(^▽^)ノ

 

P1120115(1)P1120116(1)

今月6日に公開された ディズニー・ピクサーの長編アニメ「モンスターズ・
ユニバーシティ」を観てきました。
これは 11年前に 大ヒットした 「モンスターズ・インク」より 何年か前の話。
主人公の サリーとマイクが、エリートモンスターを養成する大学で 出会った頃
という設定になっています。

 

P1110982(1)

 


下は、映画館にいた サリーとマイク。
見ればわかる通り、「モンスターズ・インク」の頃の2人より、ちょっとやせていて、色調も 少し
明るいです。   また マイクは歯の矯正をしています。

P1110979(1)P1110980(1)


これから 観る方のために、ストーリーは 話さないでおきますが、ディズニーファンなら 絶対に
観るべきおすすめの映画です。
観終わったら、マイクのことが 大好きになっているはず。
夢に向かって 努力しているマイク・・・・・超~かわいいですLOVE    
私は大好きになりました(((o(*゚▽゚*)o)))

ディズニー・トレジャーズ・アーカイブス で 見た ディズニー映画に使われた衣装や
小物について、何度か記事にしてきましたが、今回は、まだアップしていなかった
写真を まとめて紹介します。



「トロン」

P1100841(1)P1100839(1)


「アイアンマン2」

P1100843(1)


「ナショナルトレジャー」

P1100854(1)P1100855(1)



他にも もっとたくさん ディズニー映画で使われた衣装や道具が、 展示されていました。
あまりにたくさんあって、一部しか撮ってこなかったのですが、全部撮ってくれば
よかったな~・・・と 今頃になって、後悔中 (^_^;)    

ホントに素晴らしいイベントでした。
私が行った ロナルド ・レーガン大統領・ライブラリー&ミュージアムでは、このイベントは
終わってしまっていますが、また違う場所で 開催するでしょうから、機会があったら
ディズニー好きの方は、是非行ってみて下さいねウインク

ディズニー・トレジャーズ・アーカイブスで見た ディズニー映画に使われた衣装や
小物について2度ほど 記事にしていますが、今回も そのイベントで見た
衣装の写真を アップします(^O^) 

まずは、映画「魔法にかけられて」の衣装。
左下:主演のジゼル役の エイミー・アダムスが着たドレス
右下:エドワード王子役の ジェームズ・マースデンの衣装

これらは、パイレーツ・オブ・カリビアン アリス・イン・ワンダーランドの衣装が
直に見られたのと違い、しっかりとガラスケースの中に入っていました。
展示方法が違う理由は、わかりません(聞いてくればよかった・・・)。

ジゼルのドレスは、うっとりするくらい、美しかったです
ジェームズ・マースデンの衣装は・・・いかにもおとぎの国からやってきたという感じ(笑)。

P1100833(1)P1100832(1)

 

その他の衣装の紹介。
左下:「メリーポピンズ」で ジュリー・アンドリュースが着た衣装。
右下:「101」で クルエラ・デ・ヴィル役の グレンクローズが着た衣装。

P1100827(1)P1100829(1)


大変貴重な衣装を見られて、ディズニーファンとしては、ホントよかったですスマイル

ディズニー・トレジャーズ・アーカイブスで、パイレーツ・オブ・カリビアンの衣装や小道具を
見たことは すでに記事にしていますが(その記事は こちら)、今回は 映画
「アリス・イン・ワンダーランド」で使われた 衣装の写真を アップします。

P1100836(1)P1100837(1)

 

左上:ジョニーデップ演じるマッドハッターの衣装
右上:ミア・ワシコウスカ演じるアリスの衣装

パイレーツ・オブ・カリビアンの衣装同様、ガラスケースに入っていなくて 直接見ることが
できました。

衣装デザイナーのコリーン・アトウッドは、これらの衣装で、第83回アカデミー賞衣装
デザイン賞を受賞したんですよ
間近で見ると、ホント素晴らしい衣装でしたApplause

アメリカのシミバレーにあるロナルド ・レーガン大統領・ライブラリー&ミュージアムで
開催していた ディズニー・トレジャーズ・アーカイブス に 行ってきたことを 以前記事に
しましたが(その時の記事はこちら)、今回は 展示物の中から パイレーツ・オブ・
カリビアン
に 関するものの写真を アップします。


まず、映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」のブラックパール号の海賊船。
大きさは26フィートということなので、約8mですね。

P1100845(1)

 

 

そして 「パイレーツ・オブ・カリビアン」で、ジョニーデップ達が 実際に着た衣装。
びっくり&うれしいのは、ガラスケースに入っていなくて、間近で直に見ることができました。

P1100847(1)



2006年のシリーズ2作目「デッドマンズ・チェスト」で使われた椅子と
その他数々の小物。

P1100850(1)

 

他の映画で使われた衣装や小道具などの展示もありましたが、パイレーツ・オブ・
カリビアンのものは、迫力が ありましたよ~。
他の映画で使われたものについては、また別記事で 紹介しますね(^O^) 

ミッキーマウスの誕生日

| コメント(0)

本日11月28日は、 世界のスーパーアイドル ミッキーマウスの84回目の誕生日
誕生日というか、ミッキーが スクリーンデビューした日が 誕生日ということになっているんです。
ミニーマウスも同様に、きょうが 誕生日ということになります。

2人のデビュー作は、1928年11月18日に ニューヨークのコロニー劇場で、公開された
「蒸気船ウィリー」。    世界初のトーキー(音あり)アニメーションと言われています。
この映画が公開されると、劇場では 拍手が鳴りやまず、マスコミも 大絶賛だったそうです。
「蒸気船ウィリー」は ミッキーのデビュー作ですが、実はその前に 2作品が作られています。
その2作品とは、「プレーン・クレイジー」と 「ギャロッピン・ガウチョ」。
それらは サイレント(音がない映画)だったため 配給会社の反応がイマイチで、公開まで
いたらなかったのです。
これら2作品も、「蒸気船ウィリー」のあとに、トーキーとなって 公開されました。

P1080632(1)

 

これは有名な話なので、知っている方もたくさんいると思いますが、当時ミッキーの声を
務めていたのは、ウォルト・ディズニーでした。

そして、ミッキーとミニーの職業は、俳優なんですよ。
どんな役でもこなしちゃう、スーパーエンターテイナーなんです。

1928年のデビューと同時に 大スターとなった ミッキー&ミニーですが、これから ますます
大躍進を遂げていくことでしょう。

ミッキー、ミニー、お誕生日おめでとう~

ディズニーが ジョージ・ルーカス監督設立の映画会社 ルーカス・フィルムを買収するという
ニュースを聞いてまず思ったのは、「STAR WARSを観なくっちゃな~」。
過去に何度か観ようしたことはあるのですが、観始めるとすぐにウトウトしてきちゃって・・・悲しい
今度からディズニーが制作するとなれば、ディズニーファンとしては 観なくっちゃですからね。
幸い、家にDVDがありますし・・・・・・観てみようかな~。

 

P1080456(1)


ディズニーがルーカスフィルムを買収

スターウォーズをディズニーが手掛ける理由

 


東京ディズニーランドを含めパークには、ルーカス監督が作ったアトラクションの キャプテンEOや
スターツアーズ(来春、ニューバージョンになります)がありますよね。
インディ・ジョーンズ アドベンチャー クリスタルスカルの魔宮もありますし、WDWでは、
ライブショーのインディ・ジョーンズ スタントスペクタクラーという迫力満点のスタントショーを
観たことがあります。
なんで、ディズニーにインディ・ジョーンズと思った時に聞いたのは スピルバーグがディズニー
好きだからということ。 ジョージルーカスが ディズニーを好きなのかどうかは聞いたことが
ないので知らないのですが・・・きっと 好きなんでしょうね

 

P1080457(1)

↑海外パークで売っているダースベイダー・グーフィー。
こんなダースベイダーなら かわいいLOVE



スターウォーズファンの間では、ディズニーが制作することについて賛否両論らしいですが、
私は観たことがないので何も言えないので、この記事はこれで 終わりにします(*^o^*)
ディズニーなら きっと やってくれるに違いないということを 期待して・・・スマイル

スティッチ その2

| コメント(0)

前回の記事では、「リロ&スティッチ」のストーリーについて 簡単に紹介しました。

スティッチの見た目のかわいさ以外の魅力は、なんといってもストーリーです。
家族とは何かについて問いかけるこの映画は、圧倒的なストーリーのおもしろさで
大ヒットしたのです。

監督のクリス・サンダースは この作品が初監督だったのですが、原案や脚本、そして
スティッチの声までやりました。 すごいですよね~

またこの映画は、CGアニメが台頭し始めた頃に 水彩画タッチで描かれました。
やわらかくあたたかみのある 色調も 特徴となっています。

そして、音楽も この映画の魅力の1つ音楽
リロが エルヴィス・プレスリーを好きという設定もあり、彼の曲が多数使われています。
それもこの映画の成功に つながったと 聞いたことがあります。

美しい自然や フラダンス、サーフィンのシーンを見ていると、ハワイに行きたくなっちゃいますよ。



P1080386(1)

左:ホストファミリーの妹が カリフォルニアから送ってきてくれたもの
右:ニューヨークのディズニーストアで買ったもの

 

スティッチの魅力は、ルックスが かわいいだけではないということが わかっていただけた
でしょうか
私のこの記事を見て、1人でもいいので、「リロ&スティッチ」を観てくれる方がいたら
大変うれしく思います。
映画を観たら、さらに スティッチが かわいく見えるようになりますよ。
悪い子バージョンのスティッチも とっても かわいいのですが、いい子になった時のスティッチの
かわいさと言ったら それはそれはもう・・・LOVE(笑)。

スティッチ その1

| コメント(0)

私は スティッチが大好きですLOVE
ディズニーキャラクターランキングでも スティッチは 常に上位にいるので、スティッチ好きの人は
多いと思います。
が、しかしですね~・・・
映画を観たこともなく、スティッチが 何者なのかを知らず、ただ スティッチのことを 好きと
言っている人って結構いるんですよね。
反感を買うかもしれないのを承知で言っちゃうと、好きなキャラだったら ただ見かけが かわいい
から好きっていうだけではなく、せめて映画を観て ストーリーを知って、背景や性格等全部を
好きになってほしいというのが 私の考えです。
ただかわいいから好き、というのでも もちろん いいとは思いますが、スティッチがどんな子
なのかを 知った方が もっと好きになれるし、楽しいと思いますよウインク

というわけで、今回は スティッチについて お話ししたいと思います。



P1080398(1)


スティッチとは アメリカで2002年に公開された(日本は2003年公開)ディズニー長編
アニメ 「リロ&スティッチ」に出てくる キャラクターです。
映画のストーリーを簡単に 紹介します(^O^)

ハワイのカウアイ島に住む5歳の少女リロは両親を亡くし、姉と2人で 暮らしています。
変わり者のリロは、友達になじめず、さみしい思いをしていました。
ある日、孤独なリロは 青い子犬を飼い始めます。
スティッチと名付けて大喜びでしたが、スティッチは とんでもないトラブルばかり巻き起こす
暴れん坊でした。
実は 子犬と思っていたスティッチは、凶悪なエイリアンで ハワイに不時着したのでした。
そんなスティッチに リロは語りかけます。
「スティッチは 私のオハナ。オハナはいつも一緒だよ」。
オハナとはハワイ語で家族のこと

そして、スティッチは 大きく変化し、「悪い子」から「いい子」へ・・・
次第に心を通わせて、リロのオハナになるんです。

次回は、この映画における スティッチのかわいさ以外の 魅力について お話ししたいと
思います

リトル・マーメイド その2

| コメント(0)

前回の記事では 「リトル・マーメイド」のストーリーと 想い出話について お話ししました。
今回は この映画が ディズニーに 新時代を もたらしたことについて等、お話しします

1989年公開のこの映画は、1959年の「眠れる森の美女」以来30年ぶりの 伝統的な
おとぎ話のアニメとなりました。 プリンセスとしては アリエルは、白雪姫、シンデレラ、オーロラ姫
に続いて4番目になります。    現代的な ニューヒロインとなりました。

ウォルト・ディズニーの死後(1966年)ディズニー映画は低迷しましたが、リトル・マーメイド 
は 久々の大ヒットとなり、 ディズニーアニメが 復活しました
その後、「美女と野獣」「アラジン」「ライオン・ キング」と 大ヒットを とばしていきます。
というわけで、リトル・マーメイドは 第2黄金期の原点と言われているんです。
ディズニーアニメの新時代の幕開けです。

リトル・マーメイドでは、音楽音楽にも 注目上矢印です。
カニで宮廷音楽家のセバスチャンが歌う カリプソ+レゲエのポップなナンバー「アンダー・
ザ・シー」は、アカデミー賞を獲得しました。

ところで、アリエルの尾ヒレの色は、とってもキレイですよね。
これは、スタッフがアリエルのために特別に色を調合したもので、アリエル色と いうそうですよ。

P1080250(1)

                   ↑ ↑ ↑   ↑ ↑ ↑

アリエルグッズは あまり持っていないのですが・・・
WDWで買ったキーチェーンと ディズニーシーで買った お菓子のケース


ディズニープリンセスの中で アリエルは 人気が高いですが、ルックスが かわいいからだけでは
ないと 思います。 すっごく明るくって、ピュアで、行動力があり、そして強い。
白雪姫、シンデレラ、オーロラ姫と比べると、現代的で 存在感のある プリンセスです。
そんなアリエルが、私は大好きですラブラブ

まだ この映画を観たことがない方、是非 観てみて下さいね。
きっと アリエルからパワーを もらえますよ。

リトル・マーメイド その1

| コメント(0)

学生の頃の話ですが、アメリカにホームステイ中、映画チケットが当たりまして・・・
当時アメリカで公開中だった「リトル・マーメイド」を 観に行きました。
その頃はまだ 今ほどディズニー好きではなく、本当は「バック・トゥ・ザ・フューチャー2」を
観たかったのですが、ホストファミリーに「Peanutの英語力では リトル・マーメイドの方が
無難だ」と言われまして・・・ (^_^;)
近所のおばさん&その息子と一緒に リトル・マーメイドを 観に行きました。
正直、映画館に行くまで、リトル・マーメイドが ディズニー映画だとも 知りませんでした。
ここで、ディズニーのすごさの一面を 知ることになります。
いや~、びっくりしましたね    子供のみならず、大人も 大喜びして観ていましたから。
近所の息子は、高校生だったのですが、男子高校生が リトル・マーメイドで 大喜び
なんて、当時の日本では 考えられなかったですからね。
一種のカルチャーショックを 受けました。

 

P1080249(1)

 

アンデルセンの名作「人魚姫」が 原作なので、この映画を観たことがない人も
なんとなくストーリーは わかっているかと思いますが、簡単に紹介します

海の王国の人魚姫アリエルは 好奇心旺盛で、人間の世界に あこがれています。
ある夜 アリエルは、嵐にあって、船が難破した人間の王子エリックを助けるのですが、
恋におちてしまいますLOVE     想いをかなえようと、アリエルは 海の魔女アースラを訪ね、
美声と 引き換えに人間にさせてもらいます。    魔法の期限は3日間。
その間に 王子とキスが できなければ、永遠に魔女の奴隷となってしまうのですが・・・
ディズニーは、原作の悲しい結末を ハッピーエンドにしちゃったんです。
当時、ディズニー映画を あまり観たことがなかった私は、このラストには びっくり仰天
しましたよ~(笑)。
そして、カニのセバスチャンが レゲエ調音楽で 歌い踊っているのにも 驚きましたし、
それを観ている観客が 大盛り上がりなのにも びっくりした記憶があります。

セバスチャンが歌う時には、口ずさんでいる人も たくさんいました。

 

次回は リトル・マーメイドが ディズニーに 新時代をもたらしたことについて お話しします(^O^)

ムーラン

| コメント(0)

以前、「美女と野獣」が 私が好きなディズニーアニメの第2位だと 述べましたが
美女と野獣についての記事はこちら)、それでは1番好きな ディズニーアニメは
何かと言いますと・・・それは 断然 ムーランです。

1998年公開の 長編アニメの「ムーラン」は、日本では 興行成績が振るわなかった
のですが、完成度が高く アニー賞作品賞を 受賞しています。


P1070915(1)


古代中国を舞台にした この物語は はるか昔から語り継がれ、ムーランは 男装の美少女
兵士として 有名です。    中国では 誰もが知っている女性なんです。 
東洋の ジャンヌ・ダルクとも言える存在です。
徴兵令を受けた老父の代わりに、父の生命と 一族の名誉を 守ろうとしたムーランは、
父の出陣前夜、自ら長い髪を切り、父の鎧を付け、女であることを隠して 父の代わりに
出陣します。
左下のように かわいらしいムーランが 右下のような 勇ましい少年兵士の姿に・・・
そして ムーランが とったある行動により、国が守られ、彼女は 永遠に語り継がれる伝説と
なります。 これは、涙なくしては 観ることが できません。


左下は ムーランの父、ファ・ズー。
由緒あるファ家の一人娘ムーランが 家のために良い婿を迎えるという伝統的な生き方に
順応できず悩んでいると、遅咲きのつぼみを見て一言:「最後に咲く花は1番美しい」。

P1070917(1)P1070922(1)



ディズニーならではの おもしろく かわいらしい 脇役キャラクターも 出てきます。
守護竜のムーシューが それで、エディ・マーフィが声を演じているのですが、かなり
コミカルで 笑わせてくれます。

P1070918(1)


また、クリスティーナ・アギレラが歌った主題歌音楽「Reflection」も、私は大好きです。

技術的には、雪原の向こうから 2000騎の敵軍が来襲する場面と、皇帝が住む紫禁城前に
3万人の群衆が登場するC G産物の光景は、大変な見どころでした。

他に注目すべきところは、この映画が 1989年にフロリダのディズニー・ワールド内にできた
スタジオが、初めて中心となって制作した 劇場用長編アニメだという点です。
私は、1995年(ムーラン公開の3年前)に、このスタジオを訪れて、制作現場を
見学しました(スタジオの外からですが)。 アニメーターの方達が 描いている絵を見て、
日本が舞台の映画だと 勘違いして、舞い上がったのを覚えています (^_^;)
いずれにせよ、この映画は ディズニー初の東洋を舞台にした映画となりました。

花木蘭(ムーランの漢字)という名のとおり 美しい少女が、 自由な精神と 勇気を持って
戦場に行き、大胆な洞察や深い知恵を評価され 成長するこの映画。
観ていない方、おすすめですよウインク

美女と野獣 その2

| コメント(0)

前回のブログで 「美女と野獣」は 私が好きなディズニーアニメの第2位だというところまで
述べましたが、今回は この映画をまだ 観ていない方のために 簡単にストーリー紹介。

むかしむかし、森の古城に住むわがままな王子は、 魔法によって 醜い野獣に変えられて
しまいました。魔法のバラの花びらの最後の1枚が散るまでに、心から人を愛し、
その人の愛を勝ち得なければ、魔法は解けないのです。
絶望にくれる彼の城へ、美しい娘ベルがやってきます。
家具や食器に変えられたお城の使用人達は色めきたち、2人を仲良くさせようと奮闘。
そして、ベルと野獣は お互いの心に触れあい、信じあうことにより・・・
(ここから先は言わないでおきますねウインク


「白雪姫」が ディズニーアニメ全盛期の幕開けだったのに対し、約半世紀後の
1991年公開の「美女と野獣」は 新生ディズニーが築く 第2の黄金期の代表作
といえる作品です。
ご覧になったことがある方は、ボールルームのダンスシーンでのCGの素晴らしさに
驚かれたことでしょう。      あまりのリアルさに、私は 驚きました~ (*^o^*)
主題歌「美女と野獣」は、第64回アカデミー賞最優秀主題歌賞、最優秀オリジナル
作曲賞の他、ゴールデン・グローブ賞も受賞しています音楽
また アニメーション史上初めてアカデミー賞最優秀作品賞にノミネートという
ディズニー映画を代表する最高傑作。
まだ観ていない方は、是非、観て下さいね。


P1070791(1)P1070792(1)

写真は、15年以上前に、ディズニーワールドで購入した ベルと野獣の人形です。
ベルは普段着の他に、 ボールルームで踊ったドレス付き、野獣は イケメン王子から
ボールルームで踊った衣装の野獣姿に変身できます。

美女と野獣 その1

| コメント(4)

「子供の頃から ずっと ディズニーが好きだったの」 と きかれることがあるんだけれど・・・
子供の頃は キティちゃんが好きだった時期もあったし、 高校生の頃に1番好きだったのは
スヌーピー。     ダヤンというネコを好きだった時期も ちょっとだけあったっけ・・・(笑)。

今ほど ディズニーを 好きになったのは、「美女と野獣」のビデオを観てからなんです。
「美女と野獣」の映画が 日本で公開された翌年の1993年に、 アメリカのホストファミリーの妹
Ginaに「美女と野獣を観ていないなんて 信じられない。 絶対に観るべきだ」と言われ、すぐに
ビデオを購入して 観てみたところ・・・ こんな素晴らしいアニメがあるということに、驚き&感動

その後、DVDを購入。    今でも 私が好きな ディズニーアニメの第2位なんです。
この素晴らしい映画のストーリーについては、次回、述べることとしまして・・・

P1070776(1)


ここで、自己紹介。
初めましてラブラブ
ディズニー大好きPeanutと申します(*^o^*)
Peanutの湘南日記」というブログも書いているので、そこでお会いしている方も いるかと
思います。

このたび、「Peanutのディズニー日記」というブログを 始めることにしました。
私よりも ず~っと、ず~っと、ディズニーに詳しい方は たくさんいらっしゃるので、
「どこよりも早く最新情報を伝える」ということは できませんが、ディズニーにまつわる想い出や、
映画、キャラクター、パーク、グッズについて、また 時にはマニアックな内容まで、
私なりに おもしろく お伝えできればと思っています。

新ブログ「Peanutのディズニー日記」を どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m
お気軽にコメントを 残していって下さいね。

ではまた~

最近のコメント

アーカイブ

プロフィール

ニックネーム:ピーナッツ
神奈川県茅ヶ崎市に住んでいるディズニー大好きPeanutです。 湘南地区を紹介しているブログ「Peanutの湘南日記」 もよろしくお願いします。

★☆ミッキーネット☆★

アクセスカウンター

★今日★

☆昨日☆

●累計●
Powered by Movable Type 5.2.13