劇団四季 ノートルダムの鐘

| コメント(0)

劇団四季のミュージカル「ノートルダムの鐘」を 観てきました。
劇団四季×ディズニーの夢の共演 第6弾で、昨年12月11日に
東京・四季劇場 「秋」で 開幕しました。


DSC_6073(1)DSC_6078(1)

 

俳優さん達の歌、豪華な衣装や舞台装置は、前回観た「アラジン」と
同様、素晴らしかったです。
アラジンは 迫力あるダンスを楽しめましたが、こちらは、演劇の手法が
取り入れられています。
俳優さん達が セリフの中で、状況説明をする場面が、たくさんありました。

主なテーマは、アニメ同様、outcast(社会からの のけ者)が いない
平等な世の中を 願うというもの。
現代にも、共通する問題です。
カジモドが、太陽を浴びて川に沿って歩きたいと、外の世界への憧れを
歌うところが、私が最初に泣いた場面です。

DSC_6076(1)DSC_6077(1)

 

ネタバレしない程度に書きますが・・・
ラストは、ヴィクトル・ユゴーの小説「ノートルダム・ド・パリ」に
基づいていて、ディズニーアニメしか知らなかった私は、ビックリしました。
ディズニーの作品には珍しい、厳しい結末です。
それでも、とても楽しめます。
観たのは2日前ですが、いまだに私の頭の中で、曲がグルグル
まわっています(*^^*)

DSC_6090(1)

お土産に買った ピンバッジ↑

コメントする

アーカイブ

プロフィール

ニックネーム:ピーナッツ
神奈川県茅ヶ崎市に住んでいるディズニー大好きPeanutです。 湘南地区を紹介しているブログ「Peanutの湘南日記」 もよろしくお願いします。

★☆ミッキーネット☆★

アクセスカウンター

★今日★

☆昨日☆

●累計●
Powered by Movable Type 5.2.13