リトル・マーメイド その1

| コメント(0)

学生の頃の話ですが、アメリカにホームステイ中、映画チケットが当たりまして・・・
当時アメリカで公開中だった「リトル・マーメイド」を 観に行きました。
その頃はまだ 今ほどディズニー好きではなく、本当は「バック・トゥ・ザ・フューチャー2」を
観たかったのですが、ホストファミリーに「Peanutの英語力では リトル・マーメイドの方が
無難だ」と言われまして・・・ (^_^;)
近所のおばさん&その息子と一緒に リトル・マーメイドを 観に行きました。
正直、映画館に行くまで、リトル・マーメイドが ディズニー映画だとも 知りませんでした。
ここで、ディズニーのすごさの一面を 知ることになります。
いや~、びっくりしましたね    子供のみならず、大人も 大喜びして観ていましたから。
近所の息子は、高校生だったのですが、男子高校生が リトル・マーメイドで 大喜び
なんて、当時の日本では 考えられなかったですからね。
一種のカルチャーショックを 受けました。

 

P1080249(1)

 

アンデルセンの名作「人魚姫」が 原作なので、この映画を観たことがない人も
なんとなくストーリーは わかっているかと思いますが、簡単に紹介します

海の王国の人魚姫アリエルは 好奇心旺盛で、人間の世界に あこがれています。
ある夜 アリエルは、嵐にあって、船が難破した人間の王子エリックを助けるのですが、
恋におちてしまいますLOVE     想いをかなえようと、アリエルは 海の魔女アースラを訪ね、
美声と 引き換えに人間にさせてもらいます。    魔法の期限は3日間。
その間に 王子とキスが できなければ、永遠に魔女の奴隷となってしまうのですが・・・
ディズニーは、原作の悲しい結末を ハッピーエンドにしちゃったんです。
当時、ディズニー映画を あまり観たことがなかった私は、このラストには びっくり仰天
しましたよ~(笑)。
そして、カニのセバスチャンが レゲエ調音楽で 歌い踊っているのにも 驚きましたし、
それを観ている観客が 大盛り上がりなのにも びっくりした記憶があります。

セバスチャンが歌う時には、口ずさんでいる人も たくさんいました。

 

次回は リトル・マーメイドが ディズニーに 新時代をもたらしたことについて お話しします(^O^)

コメントする

アーカイブ

プロフィール

ニックネーム:ピーナッツ
神奈川県茅ヶ崎市に住んでいるディズニー大好きPeanutです。 湘南地区を紹介しているブログ「Peanutの湘南日記」 もよろしくお願いします。

★☆ミッキーネット☆★

アクセスカウンター

★今日★

☆昨日☆

●累計●
Powered by Movable Type 5.2.13